FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妃は船を沈める』 有栖川有栖 

あらすじは書きますがネタバレ・犯人バレはありません。
有栖川御大久々の作家編新刊です。
「猿の左手」「幕間」「残酷な揺り籠」の3部立て。
どちらも丁寧に伏線を回収・推理のわき道を潰し、論理的な推理構成がされています。
スケールが大きい話ではありませんが、一手一手詰めていく感じにたまらなく興奮しました。

「猿の左手」
借金を抱えたある男が、車に乗ったまま海へ墜落して死んだ。男には睡眠薬を飲んでいた形跡がある。3人の容疑者にはアリバイ・動機・手段のどれかが欠けており、共謀したとしても犯行は不可能だと思われた。自ら車を運転して飛び込んだ自殺か、別の人間が運転しての他殺か、それとも……?
名短編「猿の手」の解釈議論が火村と有栖川の間で交わされるのですが、議論そのもの面白さもさることながら、それが推理の本筋に結びついていく流れが良かったと思います。
アシモフのSFミステリ同様、これも普通ではない状況設定を綺麗に論理の中に組み込んだ好例ではないでしょうか。
フラッシュバックの描写がどこか幻想的で印象に残りました。

「幕間」
このバー独特の雰囲気が出ていますよね。
作品の短さの割りに歌詞の引用が多いのが若干気になりましたが、曰く形容しがたい後味が残る一編でした。悲哀というのか、郷愁というのか。

「残酷な揺り籠」
西日本を中心に大きな地震が発生する。殺人はその前後に起こった。閉じられた犯行現場の鍵は日本でたった3つしか存在しない。あさっての方向にある銃痕、割れた窓、不透明な動機と策謀の香り。被害者は何故殺されなければならなかったのか? 大阪府警にニューフェイスも登場です。
謎の解明の鍵となるのは、ほんの小さなことです。
そこから論理のピースが美しく隙の無い形に埋め込まれていく過程は、まさに初期のクイーンを思わせる「本格推理小説」。
大満足です。ありがとうございました……!

妃は船を沈める妃は船を沈める
(2008/07/18)
有栖川有栖

商品詳細を見る

『点と線で、ソーイング―シンプルでかわいい、点と線の手作り』 井上由季子 

無地布と端切れとボタンだけを材料とした手縫い雑貨とそのデザインの本。
カラー写真で完成品を紹介した後(雑貨写真集、という感じで可愛いです)、デザインの提案と作り方が続きます。
作り方が出ているのは、エプロン、ランチョンマット、コースター、ティーマット、コゼー、キッチンバッグ。
手縫いでもできるくらいに易しく、縫い物は久しぶり+超初心者の私でもどうにかコースターを完成できました。ちょっとゆがみましたが(笑)
デザインも「ボタンをつけるだけ」「縫い方を工夫するだけ」などちょっとした工夫です。
でもその「ちょっと」だけでとっても可愛くなってしまうのです。
あまり布やいらない服の活用法をお探しの方、こんな簡単リメイクも楽しいと思いますv

点と線で、ソーイング点と線で、ソーイング
(2004/07/12)
井上 由季子

商品詳細を見る

『カード・はがき絵 水彩色えんぴつ』 秋草愛 小泉さよ 

水彩色鉛筆を使った絵の描き方・コツ本,です。
全体的にポップなイラストが中心ですが、後半には写実的な絵や、旅行記も少々あります。
カードやはがきに使える絵を例として挙げ、その中のいくつかについて具体的なテクニックを説明する、という形。
絵の例は四季ごと・用途ごとの章わけがされているので、気になるところだけつまみ読みするのもありではないでしょうか。
写真が多いので目に可愛く理解もしやすかったです。

カード・はがき絵水彩色えんぴつ (セレクトBOOKS) (セレクトBOOKS)カード・はがき絵水彩色えんぴつ (セレクトBOOKS) (セレクトBOOKS)
(2005/05/01)
秋草 愛小泉 さよ

商品詳細を見る

『鏡の向こうに落ちてみよう―有栖川有栖エッセイ集』 有栖川有栖 

有栖川先生のエッセイ第4集。
新聞連載から雑誌記事、ミステリから映画、日常にタイガースと盛りだくさん。
特に虎トークは熱いので、タイガースファンの方にはそこだけでも読んでいただきたいくらいです(笑)
相変わらずお話のテーマは幅広く、また映画や本の紹介がお上手です。
具体的なネタバレはもちろんされないのに、「一体どんな話なんだ! 読んでみたい見てみたい!」と思ってしまいました。
嬉しくも困りものです、数が多いので(笑)
また、他のエッセイ集に比べて、ご自分の作品やその登場人物に触れている部分が多いような印象を受けました。
作中で明かされていない有栖のルーツとか、有栖川先生の江神さんへの思いとか、台湾の方から見た英生さん人気の秘密とか(笑)
彼らのファンとしては楽しくて仕様がありませんでした。
幸せな時間をありがとうございました!

鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集
(2008/05/22)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

『「和もの」のいろは』 

てぬぐい、和紙、和風はんこ、着物、ふろしき、緑茶、和食器などなど、幅広く「和もの」の基本のキを紹介している1冊。
本文を統一して彩る和風・てぬぐい風(笑)の装丁もとても可愛らしいです。
和紙やはんこは「作り方」
てぬぐいやふろしき、着物は「アレンジ方法・結び方」
お箸や旅館は「きまりごと」
などを中心に、数ページずつでまとめられています。
また、それらを専門に扱うお店も紹介されています。
ここで興味を持ったものを更に深めて行くと楽しいのではないでしょうか。
斯く言う私は消しゴムはんこに魅了されまして、早速もっと詳しい本を借りてきてしまいました(笑)

「和もの」のいろは「和もの」のいろは
(2007/11/20)
不明

商品詳細を見る

『つつむくらし―おり紙と布で作る雑貨と小物』 小林一夫 

そのタイトルの通り、紙と布を使っての雑貨や小物の作り方が紹介されています。
正確には市販のおり紙だけでは用が足りませんでした。
より大きい紙や、長方形の紙が必要だったりします。
とはいえ包装紙などがあれば大丈夫。
例えば私がひとつ作ってみたのは、これ。黄色い折り紙でブックマークを作ってみました。
作り方は3ステップくらいですっごく簡単、でも見た目可愛くてお気に入りです!
その左下に写っている写真立ても本文中の作例のひとつ。
紙のリサイクル用途のひとつとしていかがでしょうか。

つつむくらし おり紙と布でつくる 雑貨と小物つつむくらし おり紙と布でつくる 雑貨と小物
(2007/09/28)
小林 一夫

商品詳細を見る

拍手返信+雑記 

「続きを読む」から拍手返信です。反転して読んで頂けたらと思います。
コメントありがとうございましたv

横溝・アシモフ両先生ブームが来ております。
感想がきちんと書けていないのですが、金田一ものとイライジャ&ダニールもの面白いですね…!
今読んでいるのは『はだかの太陽』です。
既読は以下。そのうち感想書けたらいいな…!
獄門島 (角川文庫―金田一耕助ファイル)
八つ墓村 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。