スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歳月』 司馬遼太郎 

佐賀人江藤新平を主人公に、幕末期~佐賀の乱の顛末までを描いた作品。
江藤は天然でとても可愛い人でした。
諸外国に対して鎖国している江戸幕府治世にあって、更に他藩との交流を鍋島さん(藩主)が禁止していた佐賀藩の子だけに世情にちょっとウトくて、法の関係(司法省)では辣腕をぶんぶん揮う癖をして佐賀の乱(=軍事的なこと)となるとヌケている。もどかしいです。
大きな立役者となっていたのは大久保・西郷。
西郷が英雄というより一個の人間として描かれているのがちょっと新しかったです。人間臭い。神のように完全無欠の人間だったというつくりじゃない。
大久保さんはより冷徹ですね。
より、というのは『獅子の棲む国』(秋山香乃)と比べてのことです。『獅子~』も佐賀の乱をかすっているので。(山川が佐賀の乱当時、新任の佐賀県令(岩村弟)にくっついて佐賀城入りしてるから)
『獅子~』の久保さんはもう少し人間の温かみがあって可愛い人のように見えましたが、『歳月』では容赦の二文字が欠けている。
なんというか、ラストは本当に悲壮で切なかった。

『獅子の棲む国』 秋山香乃 

秋山さんって秋山さんって…凄い人だな。
会津藩@山川大蔵をメインに据えた、幕末~西南戦争頃小説。
でも山川さんの出番は割とまだらな気がする(笑)
あとほんの一瞬顔を出しただけなのに沼間のキャラの濃さ…!(笑)
会津藩から薩長高官から、濃い人たちを手広くカバーしてくれてるのが嬉しかったです。

『歳三往きてまた』 秋山香乃 

新撰組ファンではない、でも幕末以降の日本史が大好きな私ですがこれ以上好みな新撰組は多分無い!(笑)
沖田・近藤・土方の三人が三人でとても思い合っている様が素敵でした。どこかひとつの絆が太いんじゃなくて三人が三人で強いつながりを持って描かれています。
各キャラが凄く立っていたのもお話に入りやすくしてくれました。
こちら側から見ると薩長、特に長州は敵役というスタンスなのですが、どうしてそこに立ったかといえば松陰先生の処刑を初めとしてたくさんの藩士が命を落としたからで、長州藩士をそれだけ殺さなければならなかったことにはまたそれはそれで理由が付いてくる。幕末に対して感じる、「血で血を洗う」って見るに耐えないって思う気持ちは、現代の戦争にも通じると思う。

『鬼謀の宰相原敬』中村晃 

ミスが多すぎました。
誤字・史実との食い違い・改行ミスなど。しっかりと担当編集さんの目が通っているのか疑問です。
目立つところは、青木『周造』・『品方』弥二郎・陸奥の出身長州藩。ついでに寺内=薩摩閥。
あっはっは。(笑うのか)
万一受験生さんとかが近現代に興味を持つべく読んだりしたらたまらないですね。信じたら落ちますね(ひどい)
歴史小説は基本的に頭から信じたり史料扱いしてはいけないとは思うのですが、こちらが信じる信じないの問題以前のミスだと思います。
一体どういう史料を辿ると陸奥が長州藩士になるんだろう(笑)一応蓮山さんの伝記は読まれているようですが。
寺内=長州人なんて辞書にだって載ってるよ。
陸奥との場面と怒ってる原さんは可愛かったかな。

『五稜郭を落とした男』 秋山香乃 

最高でした。
長州の誇る『小ナポレオン』山田/市之允の幼少~明治初年頃までを松陰先生・久坂さん・高杉さん、そして他の長州藩士たちとの交わりの中で描いています。
時々会話ばかりで地の文がなさ過ぎて心情や状況が伝わりにくいことがあったけど、そんなものどうでもいいと思えるほどぐいぐい引っ張る力がありました。もう丁寧に読むのがこらえられなくて急いでページをめくってしまって、勿体無かったなぁと今更(笑)
明治~大正の政治家伝記ばかり主に読んでいたので、幕末への認識もかなり新たになりました。事実だけーとかウロな又聞き話だけ知ってたことなんかを確認したりして。
明治維新というものの複雑さが端的に解った。
作中たくさんの人が市の横を抜けて死んでゆく様がとても切ないです。

司馬さんよりもするする読めます。それから、登場人物みんなのキャラクターが立ってて掴みやすい。
それらの人たちが交わったり離れていく様に一喜一憂させられました。
高杉さんが神々しい…!!!凄いイイ高杉さんでした秋山先生大好き!(落ち着け)うけすぎ!(待て)
やっぱりあなたは甘えんぼでさびしんぼでえばりんぼだよね!(愛です)
市と誰か、というつながりもほほえましいやらカッコいいやら愛。
市と弥二郎(品川)とか市と高杉さんとか!あと市とガタはすごいガタの性格出てた…(笑)笑う。
市と桂さんは明治への流れを感じさせます。
この桂さんを見たお陰でようやく、「木戸さん」と「桂さん」が繋がりました。今まで何故か妙な違和感があったので。繋がらない感じが。
桂さんは思ったより白いひとじゃないや(笑)
そしてそれ以上にせごさぁ黒いなー!(笑)
大久保・西郷も好きです(何)

『児玉大将伝』 杉山茂丸 

これはもう著者からして美味しい本です私にとっては。(笑)杉山大好き!
彼が友人・児玉源太郎の生涯をつづった小説です。
あおり文句は『親友』となってるんですが、杉山に親友って言葉はすげーそぐわない気がしたり(笑)
相手は杉山だからどんだけ破天荒な文を書くのかと思いきや、漢文調の読みやすい文章で驚きました(失礼)
漢文調なので、漢文から派生した成句や熟語が多用されており勉強になります。
情景描写が予想より遥かに上手いです。目の前に風景がばーーっと広がる感じを久々に存分に味わいました。やろうと思わなくても場面が浮かびます。
劇的に、熱を込めて、最高に児玉をかっこよくおちゃめに描いてくれているのが嬉しかったです。
端々のエピソードから男前さといたずらっ子さが伝わってきて、もう児玉可愛いな大好きー!! とか転がりまわりたくなります(えー)人を食ったような性格がたまらんですv
わざわざ田舎のオヤジみたいな格好して、「えっアンタ児玉様!?」みたいに驚かれるのを楽しんでたりかーわいーv
書かれたのが大正辺りなので日露戦争に対する評価も馬鹿に高いです。そういう世の中だったんだろうなー。坂上からの受け売り知識で、「違うよ杉山、そんなあっさり勝ってないよ…」とかツッコミながら後半読破(笑)
あと大正期の作品が全てそうなのか、それとも子供向けに書かれているからかは知りませんが、ふりがなが可愛いv
『日本の勃興』と書いて『らいじんぐおぶじゃっぱん』とか!『給仕』が『ぼーい』、長卓子で『ながてーぶる』、『手数料』に『こみっしょん』。愛v

書き手が書き手なので解説はもう杉山話に終始してしまってました(笑)児玉の話はスルーなんですか!(せつない)
本編に対する評価もちらっと喋って終わり。あとは杉山の不思議っぷりがひたすら語られるという。流石杉山(笑)
児玉やんが亡くなったあと、この本以外に一度児玉伝を書いたら難しすぎて子供が読めないって教師とかに怒られたらしいです(笑)

『坂の上の雲』 司馬遼太郎 

キャラの魅力を認めつつ、戦争は繰り返してはならないと尚言えるだけ判断力のある人には是非読んで頂きたい作品です。
というのは、下手をしたら戦争肯定に転びかねないくらい登場人物(主に軍人)が非常に魅力的に描かれているのですね。きらきら憧れちゃうくらい。でも憲法九条で首の皮一枚戦争を避けてる現代において、戦争の悲惨さを肌で知ることができるのもこの作品の力です。どれだけアカンことか、というのは知る必要があると思います。この作品は情報量が多いので、考えさせられもしますし。
戦争を正当化することは絶対にできません。ただ好きな人物に関して、「アンタのせいじゃないよ」って責任をのけてあげたくなるのは私にもありました。コレめちゃめちゃジレンマなんですよーでも結局責任は軍部・政府・国そのものにがっつんあると思います。転嫁も見逃しもできない。あとは明治初期の戦争に関しては日本の負うところもあるとしても、欧米諸国の帝国主義に負うところはもっとあると考えてます。
また、司馬さんは描写をあまり曖昧にしておかないので、死傷者が『数』と傷の『状態』で描かれます。読むのが辛かったです。特に203高地(陸軍)の部分は。伊地知の視界の狭さを許すことはできないよ。そりゃ児玉さんだって寿命縮むよ。
その分作品の前半、主人公の秋山好古/真之兄弟&正岡子規の関係や幼い頃を描いていく部分と子規の死までは戦争戦争してなくて気楽でした。各エピソード可愛いしね!!ほんまに!!(熱)のぼさん(子規)の病状は目を向けるのが辛かったですが;のぼさん強くて真っ直ぐで大好きー。
あと乃木と児玉は普通にコンビで大好きです。
因みにピンでめろめろしたのは真之と好古にーにとのぼさんと貫ちゃん(※鈴木貫太郎)と児玉とノギノギ(※希典)と巌さぁーv(多)ほとんど元々知ってた人なんですが(死)司馬文で読んだら益々キューン。おっとこまえ過ぎるぜよ!

この頃の列強各国+日本の民族性・国力・性質・内政状況・関係が知れる。特に戦争相手のロシアと清の状態に関しては詳しいです。次点が英米。ドイツ・フランスは比較的あっさりかな。
明治時代の日本人の気質についてはもう昭和・平成とは別物のよう。『国家』という新しい持ち物のために国民みんな真っ正直に突っ走ってる感じ。
精神や肉体の強靭さにひたすら驚かされました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。