スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 

2006年「このミステリーがすごい!」第二位だった作品。
ミステリと言えば、「密室の扉を破る」ことから話が始まるけれど、「密室の扉が破られない」作品を作りたかったんだそうな。
その通り、密室は出てきますが扉は閉ざされたまま、犯人と探偵役との静かな戦いが始まります。
扉、そして窓をおいそれと破らせないための舞台設定は中々だったと思います。
でも探偵役の言うことが屁理屈に近いのがどうにも納得行きませんでした。
犯人の言い訳は、筋が通るように思ったのです。
それを否定する探偵役のキャラクターには、「本格」と名の付く作品なら論理で勝負してほしかった。感覚や性格という曖昧なものではなくて。
またこの探偵役のキャラクターが、打算的過ぎて私には好きになれませんでした。
それから、以下は少々ネタバレですが、(反転)彼女が「冷静で冷たい」女性で、伏見さんのことを「この男は優秀で、利用できそう」という計算の上で恋人に選ぼうとしてフラれたのなら、単なる会社員になってしまった伏見さんに対してどうしてあんなふうに執着し続けたのかが解らない。性格の矛盾(破綻)を感じました。

『異邦の騎士』 島田荘司 

御手洗さんが若い頃のお話。島田さんの処女作でもあるようです。
初っ端から状況設定がミステリアスで掴みはオッケー。そのまま目くるめく謎の提示謎の提示謎の提示で、ぐいぐい引き込まれます。
結構具体的な土地名が出るので、都内の地理や電車に詳しい人にはより面白いんじゃないかと思います。
大掛かりなトリックには多分納得の行かない人もいるのではないかと思うんですが、この文章の、小説としての面白さが個人的には文句の無い免罪符でした。
もうコレを読んだら御手洗に惚れるしかないだろう!どんだけ男前なの潔!ごめんね前に叩いたことあるけどアンタはいい男でしたよ…!(愛)
ナイトな潔にめろめろです。

『死神の精度』  伊坂幸太郎 

2006年「このミステリーがすごい!」にランクイン。死神を主人公に据えたオムニバス短編集。
「重苦しい事実こそ軽く陽気に書かれるべきだ」という伊坂節全開の、読んでいて気持ちいい一冊でした。
一つ一つのお話も確かに面白いけれども、「傑作!」と叫んでしまうようなものではないのです。
でも最後の「老女VS死神」(でしたっけ題…!既に図書館に返してしまったので/汗)が締めくくりをものっすごく鮮やかに決めてくれました。お見事。
「さすが伊坂さんだなぁ」から、「伊坂さんすげえ…!!」に一気に評価が跳ねました。(解り辛いよ)
これがあるから、この本が素晴らしい成立の仕方をしているんだと思います。あると無いとじゃ大違いです。
個々それぞれにしても、提示される謎とその解決がどれもユニークなので楽しめます。
普通のミステリの根幹を揺るがしかねないネタもあって笑えました(笑うんか)
また、伊坂さんの書く人間は綺麗で、私には安心できます。
このほっとする雰囲気もとても好きですv

『占星術殺人事件』 島田荘司 

お も し ろ か っ た!
初っ端から1936年&「明治」というファクターが絡んでくるわ、メインの時間軸も1970年代だわで近現代スキー的には楽しかったです(笑)政治的要素は薄いですが。
メイントリックは某推理漫画で使われたことのあるもので、割と早い段階で見当がついてしまったのが残念。
でも知らなかったら解らなかったと思う。
漫画の方が後です因みに。島田さんの方が発表は早いので、漫画の方が真似たか被ってしまったかでしょう。多分小説発表時は結構センセーションだったんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう…!
久々にしっかりと「本格推理」な作りで楽しかったです。
とても綿密に情報提供と推理をしてくれました。やや推理にこじつけめいたところがあるものの、そんなのは重箱の隅です。
これなら「読者への挑戦」を入れて頂いても大いにオッケー、と個人的には思う!

占星術殺人事件 改訂完全版占星術殺人事件 改訂完全版
(2008/02)
島田 荘司

商品詳細を見る

『斜め屋敷の犯罪』 島田 荘司 

ファンの方はご遠慮下さい。駄目出しです。


初トライした島田さん作品だったわけですが、ちょっとツッコミどころが多すぎました。つまり論理的穴ですが。
不確実な要素が多すぎる。メイントリックの難もありすぎる。無理じゃないですか? の世界じゃないです。無理だしこれだと犯人とてもヌケた人になっちゃいます。頭のよさそうな人物造詣をなさってたにも関わらず。
何故だか推理と犯人の話を聞くシーンの空気も軽すぎて、これはギャグ小説なんじゃないかと思ってマジで笑いました(オイ)うん素で。別にあざ笑ったんじゃなくホントにそのとき愉快を感じちゃったんですけど。でもここでそれはおかしいやろう;
これで『読者への挑戦』は言わんで欲しい。思わず自分でフォローしたくなるほどアンフェアと思われる点があるのに(っていうか作中に作者がツッコミに現れるのもどうよ)、書いちゃうなよー…そこは新本格作家としてのプライドじゃないんスか。他にも色々アンフェアでしたから。
ちょっと…ドンマイ?(笑)

因みに刑事が尾崎と大熊だったのはやっぱり尾崎と大隈にかけてるのかな(笑)深読みしすぎ?
探偵役御手洗と助手役石岡は、ミステリにはよくあるパターン過ぎて個性不足の感アリ。
榎木津に被っちゃってる気がしてあんまりいい印象にはならんかったです。榎木津(+関口君。石岡のスタンスが関口に凄く近い)に比べたらキャラ立ちも浅いです。
つかシャーロックの亜流的なキャラはそれこそシャーロックが流行ったあとからばかばかいました。
シャーロックでさえデュパンの亜流といわれちゃえばそれまでです。
今のミステリだってその流れだと私は思うわけですが、それでもメルカトルはメルカトル、京極堂(もしくは榎木津が近いか)なら京極堂、火村センセは火村センセ、とそれぞれ色が違うんですよやはし。
この「御手洗潔と石岡君」は、なんだかこういう新本格のシャーロック的な探偵さんを全部ごちゃって榎木津+関口エッセンスにちょっと偏ったような(どんなよ)「ありがち」という意味での没個性さがあったように思います。
うーんうーんでもこの作品は他と比べても大きくユニーク度の高い一作のようだから、他を読んだら評価も変わるかなぁ;

『時計館の殺人』 綾辻行人 

今まで読んだ綾辻作品の中では文句なく一番。
館シリーズ中のどれよりも伏線に綺麗にカタがついて、どれよりも論理がしっかりしていました。
トリックも雰囲気作りもこれが一番。
不気味な空気が絶えず漂っていてちゃんと怖かった。
だんだん文章が上達してきているなぁ、と、めためた僭越ですが思いましたです。
しかし館シリーズで書くのは大変だろうと思います。
警察機構の介入がない・『そして誰もいなくなった』の変形・抜け穴の存在etc.が前作必ず条件としてあるし、読者もそれを知って読んでるから、突拍子もないバリエーション作るのは難しい。
三作も四作も続くとやっぱり「またかよ」感は出てきてしまうので、それでも尚面白いものでないと読者がついてこないんじゃないかと。お疲れ様です(何様)
でも時計館は長さに対してちゃんと面白かったのでオッケーオッケーですよ!


あとやっぱり島田さんはフェロモンオヤジだったネ★(待て)
江南くんアンタグッジョブ!江→島グッジョブ!(イイ笑顔で)

『迷路館の殺人』 綾辻行人 

これはようやく本格でした。本のつくりが特殊で面白いです。
どんでん返しとオチの意外さも好き。嘘も、あんまりに不可能過ぎるネタもなかった。よかったよかった(何その反応)
ただ初作と二作目で私を含む心無いマニアに叩かれたのか(苦笑)処々のミステリ観が、きちきちのロジックを否定する感じでちょっと言い訳臭かったなあと思います。それはある意味初期のクイーンを否定しますぜ。
でもミステリ作家さんは全体的にミステリというジャンルにいることに対して劣等感を持っているような気がする。
どれだけ本格ミステリとして出来がよくても純文学とか他のジャンルの作家さんや評論家からは文学的価値がないって叩かれるからな。劣等感を持った上で、「良さも認めろよ!」って主張する人と「どうせミステリしか書けないよ」って自嘲気味になっちゃう人といる気がする。
『ミステリ』って一口に言ってもすげー範囲が広いです。その中で更にハードボイルドとか本格とか分かれちゃうのです。
だから一部をちらっと読んだだけでミステリってこんなもんかと決め付けて、ミステリと銘打たれた作品は一括見下しで読まないというのはして欲しくありません。
それにミステリ作家さんたちが、特に私が読むのは本格なので本格作家さんたちが、どんだけ書くのに苦労しているのかということも知ってほしいなー…。
法医学と、事件の舞台になる土地と、トリックに絡んでくるものやことに関する知識と、警察内部の知識と、司法関係の知識と……山ーのように知らないといけない。過去作品もどんどん知らないといけない。(既存のネタを使ったらもれなく叩かれるから。)勉強して書いてもマニアな読者には重箱の隅をつつかれ、ミステリ嫌いの読み手と評論家にはミステリだってだけで嫌われる(苦笑)そのマニアたちの目をうまーくごまかしながらトリックへの伏線を引かないといけないから構成力も必要。その上日進月歩の化学技術は不可思議な謎を作ることをどんどん難しくしていってるし警察機構がしっかりしてしまった現代では探偵役が警察に介入する理由も見つけにくい。
下地になる知識や突拍子も無いアイディアが要求される厳しさがあるのに、努力がなかなか評価に結びつかないという大変な舞台だと思うのです。
私もミステリ好きという劣等感を持った上で言いたい、どうしてこんなに文学界に於けるミステリの地位は低いのか。
読者からの需要も決して小さくないはずなのに。
ごちゃごちゃしたトリックがある殺人なんてリアリティがないからいけませんか。人間の機微が描けていませんか。所詮娯楽小説・中道小説と呼ばれたものなんてどうでもいいんですか。
大好きな作家さんたちが多くそれで凹んでいるからちょっと怒ってるのです。ってもうコレ綾辻さん関係なくてごめんなさ……!
うんまあ純文はそんなに偉いのかって話なんですけどもね。喧嘩売ってすみませんです純文読むのももちろん好きです。


島田潔という探偵役さんは割と好みです。くたびれたオヤジサイコー!(ダメ子!)島田さんは可愛い系オヤジフェロモンを出していると思う。可愛い人だと思う。若い子とかまでキュンってなりそう。魅惑のオヤジ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。