スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江戸川乱歩全集第6巻』 江戸川乱歩 

「魔術師」と「吸血鬼」の併録。魔術師は既読のため省略です。

「吸血鬼」
小林君の初登場作品であり、文代さんと明智君の恋愛模様続編。
冒険小説・怪奇小説寄りでミステリと言うにはやや論理的な面が欠けますが、妖しく美しい世界観が好きです。
特に後半の犯人が、ぐっと来た。

小林くんの初登場はそんなに劇的ではなかったですね(笑)わりとあっさり。
こちらは子供向けシリーズではないのであくまでメインは明智や文代さんで、小林君が「理想の兄貴分・兄弟・もしくは息子」として描かれる必要もないからか、「少年探偵団」ものより子供らしくてミスもしています。文代さんともより仲良しに見えました。
文代さんは明智君に対して一途でかわいい。

江戸川乱歩全集 第6巻 魔術師 江戸川乱歩全集 第6巻 魔術師
江戸川 乱歩 (2004/11/12)
光文社

この商品の詳細を見る

『地底の魔術王』 江戸川乱歩 

少年探偵団もの。
挿絵に笑った…。(笑うんか)あきらかに怪しいのにウッカリついていってしまう子供たちったらもう。和みだ。
下地になっているクイーンの作品を読んでいたので、途中でネタは解ったのですが知らなかったら不思議で面白いんじゃないでしょうか。このトリックは結構好きなヤツなので、応用が上手いと嬉しいです。
数少ない文代さんの活躍が見られたのも良かったです。
特にこの話ではこの人とても凛々しくて可愛いんですが、他作品で出番が少ないのが寂しいですね。
ネタは結構二番煎じが多いので、ラストも含めて(愛らしい)、キャラクターの可愛さに引っ張られて読んだ感じです。

地底の魔術王 地底の魔術王
江戸川 乱歩 (1998/12)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

『江戸川乱歩全集25』 江戸川乱歩 

少年探偵団ものを三作品収録。星新一さんのエッセイつき。
「透明怪人」
ここで使われたトリックを生で見たことがないのでなんともいえませんが、こんなにあっさりだまされるものだろうか(笑)

「怪奇四十面相」
マジ小林君にだまされ振り回される二十面相に爆笑した…!!(笑うなよ)四十面相というあれなかんじの改名もいっそ可愛いです。このやろう。小林君のこと好きすぎなんだよこのやろう。

「宇宙怪人」
ものすげえ大風呂敷をものすげえ強引におさめてくれました(笑)楽しかったのでよし。動機もでっかくてよし。その志やよし。
とうとう「美少年助手」を連れてきた四十面相に、小林君への思慕を感じてみたりして。この美少年すげーもえだ…!まずいだろ!
少年探偵江戸川乱歩全集 25 (25) / 江戸川 乱歩

『青銅の魔人』 江戸川乱歩 

「少年探偵団」シリーズの戦後第一作。
序盤に不気味かつ不可解に風呂敷を広げてゆくので、どうまとめるのか乱歩とはらはらします…(笑)て、それはこの先のシリーズでも思わされるんですが(笑)
挿絵を描く人は何度かかわるんですが、魔人の顔はどうやらあまり変わっておらず、その顔がとても気味悪くていい感じでした。

青銅の魔人 青銅の魔人
江戸川 乱歩 (1998/10)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

『大金塊』 江戸川乱歩 

相変らず明智先生のために奔走する小林君が可愛い。あと、年下のお友達に対しておにーちゃんぶるところも大変可愛らしい。
あと乱歩の書く毒のある女性が好きです。
探偵小説ではなくて、冒険小説として出来がいいと思う。どきどきしました。
犯人一味をやり込める明智の手腕がお見事。
つか…乱歩、かなり好きだよね洞窟とか(笑)
既存の作家の影響なのだとしたら誰の影響なんだろう…。
海外作家のミステリ作家には見られない傾向だと思うので。国内作家? 海外の他ジャンルの作家?

大金塊 大金塊
江戸川 乱歩 (1998/10)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

『妖怪博士』 江戸川乱歩 

少年探偵団シリーズ3冊目。
最高に二十面相が大人気なくて笑えます。(だから笑うんか)大好き(笑)
溌剌として好奇心旺盛な子供たちが良いです。それを見守るスタンスに入りつつある明智君も良いです。保護者。そのうちパパが板についてきそうだね…!(笑)
二十面相VS明智君の醍醐味も健在。むしろそっちの方が強いのかな? これからどうなるのか解りませんが。
洞窟辺りの二人の謀り合いが楽しかったです。二十面相の神出鬼没っぷりは大きな魅力だと思う。

『少年探偵団』 江戸川乱歩 

少年探偵団シリーズ2冊目。
前作(『怪人二十面相』)より少年探偵団の出番が多く、子供の視点により近い感じがします。小林君の可愛さもグレードアップです。(待て)
倫理的にどうなんだと思うようなことも二十面相サイドも明智君(少年探偵団)サイドもしてる気がしますが(笑)わざとらしく不気味で笑えます(笑うんか)
語り口は丁寧かつ含みを持たせてあってずんずん先に行きたくなります。子供たちには凄く楽しめる本だと思います。

少年探偵団 (少年探偵・江戸川乱歩)少年探偵団 (少年探偵・江戸川乱歩)
(1998/10)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。