スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フレデリック―ちょっとかわったねずみのはなし』 レオ・レオニ文・絵 谷川俊太郎訳 

著者のレオ・レオニはオランダ人で、イタリアでデザイナーとしても成功した方だそう。
紙を切り貼りしてコラージュの手法で挿絵を描いて(?)いらっしゃいます。ネズミさん可愛いですが、ナスとのあいのこのよう(死)まるっとしています(笑)
谷川さんの訳がまた素敵ですよー。
谷川さんらしい詩的端的な言葉遣いで、朗読する声が聞こえてきそうです。
ストーリーはちょっと哲学的。込められているのは、食べ物などの生存必需品だけでなく芸術も人生には不可欠、というメッセージでしょうか。
小さい子が読んだらそういう取り方はしないでしょうし、大人になって読んだらはっと気付かされもする一冊だと想います。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
レオ・レオニ (1969/01)
好学社

この商品の詳細を見る

『しろいうさぎとくろいうさぎ』 ガース・ウイリアムズ絵・文 まつおかきょうこ訳 

ウィリアムズの絵本代表作。
原題は「Rabbit's Wedding」だそうですが、日本語の方があらすじわからなくていいよねーとは先生のお言葉。
柔らかくて独特の挿絵で、リアルなうさぎさんですがまるっとしていて可愛らしいです。
表情豊かですごく活き活きしているのですよ~。
仲良く戯れるうささん良いですネーv

蛇足ながら私の大好きな作家さんがシュミハでパロディを描かれていらしたので益々愛しい一冊だったり。

しろいうさぎとくろいうさぎ しろいうさぎとくろいうさぎ
ガース・ウイリアムズ、まつおか きょうこ 他 (1965/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る

『せきたんやのくまさん』 フィービ&セルビ・ウォージントン文・絵 いしいももこ訳 

せきたんやのくまさんの毎日を静かに、でも楽しく描いた絵本。
起承転結はないけれども、くまさんは可愛らしく、本文にはリズミカルに擬音が挟まっています。
絵と文の絡み方も面白くて好きです。

せきたんやのくまさん せきたんやのくまさん
フィービ ウォージントン、セルビ ウォージントン 他 (1987/05)
福音館書店

この商品の詳細を見る

『どろんこハリー』 ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 

犬のハリーはお風呂が嫌い。ある日お風呂に入れられそうになったハリーは、ブラシを隠して外へ逃げ出してしまう。楽しく遊んでいる間にハリーはどろんこになってしまって……というお話。
元気いっぱい、好奇心旺盛なハリーは腕白な子どもたちのようで愛くるしいったらないです。
お風呂は嫌い、だけどやっぱり家族の皆が大好き……なハリーを抱きしめたい!
鉛筆や水彩絵の具の暖かい挿絵もよく合っています。
本文の後で表紙を見ると、上手だなぁと思いますv

どろんこハリー どろんこハリー
ジーン・ジオン、わたなべ しげお 他 (1964/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る

『わたしのワンピース』 にしまきかやこ文・絵 

「わたし」は空から落ちてきた布でワンピースを作ります。散歩をする間に、どんどん模様が変わって行って……
くるくると鮮やかに模様が変わっていく様子はファッションショーのようで賑やかです。
でも「わたし」=ウサギさんが無表情な挿絵のためか、ちょっとシュールな印象も受けました。
基本的にはただ楽しめばいいのだと思うのですが、天から布が降ってきたりと、暗示的にも感じました。

わたしのワンピース わたしのワンピース
にしまき かやこ (1969/12)
こぐま社

この商品の詳細を見る

『はなをくんくん』 ルース・クラウス文 マーク・シーモント絵 きじまはじめ訳 

アメリカの絵本。
雪の中で冬眠していた動物たちが、鼻をくんくんさせながら目を覚まして走り出す。みんなが向かった先にあるものは……?
お話自体はいたってシンプルです。読み終わった後にほわんと暖かくなります。
白と黒の雪景色がとても綺麗で、それがまた最後のページを効果的に演出しています。見事な対照だったと思います。

はなをくんくん はなをくんくん
ルース・クラウス、マーク・シーモント 他 (1967/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る

『ぐりとぐら』 なかがわえりこ文 おおむらゆりこ絵 

子どもは食べ物が出てくる話が好き、という定石に則って、人気のある一冊。ご姉妹の処女作。
おおむらさんは絵を本格的にやっていたわけではないそうですが、レトロで素朴な挿絵はとても可愛いです。
文章はリズミカルで、同じ台詞や文などが二回くらいずつ反復されながらお話が進みます。
最後の大きなカステラは本当においしそう!
巨大カステラとかプール一杯のゼリーとか、乙女の永遠の夢はこれが原型なのかもしれないですね(笑)

ところでぐりとぐらが星馬兄弟カラーだということにこの年になって気づきました。(感動…!)

ぐりとぐら ぐりとぐら
おおむら ゆりこ、なかがわ りえこ 他 (1967/01)
福音館書店

この商品の詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。