スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世間知ラズ』 谷川俊太郎 

谷川俊太郎さんの詩集。
これもやはり講演会で谷川さんが朗読に選んだ一冊です。
どうしてどの詩集もこんな凄い日本語で書いてゆけるんでしょう。
好きですとしか言いようがなくなってきました(笑)

世間知ラズ / 谷川 俊太郎

『詩を贈ろうとすることは』 谷川俊太郎 

谷川俊太郎さんの詩集。
寺山修司に贈る70行が収録されていました。「ビデオレター」を見たことがあるので、ちょっと感慨深かったです。
詩に対して結構シニカルな視点を持っていらっしゃるのかなあと感じたのですが、どうなのでしょうか…。
ものすごい光栄なことに、講演会で生で朗読を聴いた詩も含まれているので、読みながら谷川さんのお声が聞こえてくるようでした。
谷川さんの朗読っぷりも、独特のリズムで好きです。

詩を贈ろうとすることは 詩を贈ろうとすることは
谷川 俊太郎 (1991/05)
集英社

この商品の詳細を見る

『モーツァルトを聴く人』 谷川俊太郎 

今まで読んだ谷川さんの詩集の中で一番好きです。
というか、すごいなあ…!と思いました。
ひとりで、誰の邪魔も受けずに、じっと読みたい本。

谷川さんの中でのモーツァルトの大きさが伝わってくるようです。
全体的に綺麗なだけではなくて、死のような暗く重たいものの影がそうっと落ちているのが印象的です。
目をそらさず見つめていらっしゃる、と感じました。
この人の日本語が大好きです。

モーツァルトを聴く人―谷川俊太郎詩集 モーツァルトを聴く人―谷川俊太郎詩集
谷川 俊太郎 (1994/12)
小学館

この商品の詳細を見る

『くまさん』 まど・みちお 

とても易しい(優しい)詩集。
さらりと読めて、癒されます。
「ぞうさん」と「やぎさんゆうびん」は童謡の「ぞうさん」と♪白やぎさんからお手紙ついた…♪のあれ(曲名忘れた;)の歌詞ですね。おどろきました。
装丁もかわいいです。

くまさん くまさん
まど みちお (1989/10)
童話屋

この商品の詳細を見る

『詩集 道程 復元版』 高村光太郎 

題通り。高村さんの「道程」の復元版。
若いですね高村さん…! という感じの詩集。
巻末には参考文献と年譜が付されており、高村さんについて詳しく知りたい場合の参照にも良いです。そこだけコピーすればよかったなーと今更。

『きっと!すべてがうまくいく』  ジェームズ・アレン 

自己啓発本。著者はカーネギーにも影響したという、かなり有名な方らしいです。その著作から編者(訳者)がいいとこどりしたのが本書らしい。
言い分はポジティヴで、大体わりといいこと仰ってます。時々突拍子も無い提言をしてきますが。不可能だろそれは!みたいな。
改行ガンガンで、易しい物言いで、薄いので、さらっと読めます。
2ページくらいずつで一つのことが主張されていて、詩に近いです。

まとめるのなら「理性的であれ」「あらゆる経験はプラス」「前向き前向き」でしょうか。

『谷川俊太郎詩選集1』 谷川俊太郎 

谷川さんの日本語が好きです。
谷川さんは近代の詩人さんではありませんが、単に読んでみたかったのでした。
やさしくてまろやかで、あったかい印象。
でも時々厳しくて鋭い。
こういう日本語があるんだな、といちいち新鮮です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。