スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜のミッキー・マウス』 谷川俊太郎 

きらきらしい場所のひっそりとした、息をい潜めているような夜が、過不足ない丁寧な日本語で伝わってきます。
真っ白な装丁にも関わらず、薄暗く静かな夜のイメージのある詩集です。
ミッキーだけでなくドナルドの詩もあり。
谷川さんの言葉の選びは本当に素敵だと思います。

夜のミッキーマウス 夜のミッキーマウス
谷川 俊太郎 (2003/09/23)
新潮社

この商品の詳細を見る

『俳人漱石』 坪内稔典 

漱石が作った俳句を、初期のものから後期のものまでピックアップして評して下さいます。なんと、著者と漱石と子規の対談で!
過去のことを振り返り振り返り批評や会話を交わす漱石・子規と、彼らに現代人として絡み、ツッコミを入れる著者。
時代を超えた掛け合いがとても面白かったです。
ちょっとお兄さんぶった子規が可愛いです。

俳人漱石 俳人漱石
坪内 稔典 (2003/05/20)
岩波書店

この商品の詳細を見る

『ジョークで学ぶドイツ語~ドイツを楽しむ22のテーマ~』 押野洋  

ドイツ語の定番ジョーク(小話)をテーマ別にずらっと並べてくれた本。
ドイツ語・単語と熟語の解説・日本語訳・コラムとついているのでドイツ語の基本が入っている人にはお勧めです。楽しくドイツ語をたくさん読むことが出来ます。
にやりと笑ってしまうブラックユーモアが多く、飽きません。
しかもこの手のジョークにはその土地の人たちの生活文化がかなり色濃く入ってくるので、ドイツ文化と生活具合も感じられました。
ドイツジョークに関する著者からのお話も興味深かったです。
ジョークを集めたドイツ語のHPは、私もとても伺ってみたいです。

ジョークで学ぶドイツ語―ドイツを楽しむ22のテーマ ジョークで学ぶドイツ語―ドイツを楽しむ22のテーマ
押野 洋 (2004/06)
三修社

この商品の詳細を見る

『世界現代詩集31ブレヒト詩集』 ベルトルト・ブレヒト 野村修訳 

『三文オペラ』などで有名な、ブレヒトの詩集。
愛の詩、美しい自然の詩、女性の詩などに、政治と思想への批判詩なども混ざっていました。
エロティックでストレートな詩はいっそ素朴で可愛いです。
現実を美化しすぎない、むしろ皮肉る視線ですね。
リアルな人々の心・現実を飾らず隠さず詩にしたような感じ。
だから言葉の美しさより内容と本質そのものにドキリとさせられることが多かったです。

ブレヒト詩集 / ベルトルト ブレヒト

『ドイツ語のしくみ(CD付)』 清野智昭 

ドイツ語の文法本。
本当ーーーに基本の基本の話を、文法書らしからぬ簡略さで書いて下さっています。簡素で解りやすい・読みやすいです。
でもこれだけだと中身が薄いので、もう少し具体的な本を他に読んだほうが文法の基礎は網羅できると思います。
CDが付いているのもウリのようなのですが、本文に比べてこちらはイマイチでした。
アクセントがまちまちで統一されず(同じ文章を繰り返し読んでいるのにアクセントの位置が違うなど)、読む速さもまちまち。
読む人の元気によって速さが違うのか? みたいな(笑)
詩やメルヒェンも収録されていたりして面白くはあるんですが、アレをシャドウリーディングしてもあんまり役に立たない予感がします。

ドイツ語のしくみ ドイツ語のしくみ
清野 智昭 (2005/04)
白水社

この商品の詳細を見る

『ヘルマンとドーロテーア』 ゲーテ 佐藤通次訳 

小説ではなく抒情詩です。
フランス革命によって安定を欠いた社会を背景に、青年へルマンと避難民ドーロテーアの恋の顛末が描かれています。
長くも難しくも無いお話だからゲーテ入門に良いだろう、と評されていたので手を出しました。
解説も含めて現代女性やフェミニストの方が読んだら激昂するんじゃないかと思うような部分もありますが、今の世の中にも充分通じる名言もあります。読みやすいのも確かにそうで、本文は面白くさらっと行けました。むしろ解説のほうが難解で飽きました(笑)
そのかなり封建的な女性観は微妙に鼻に触ったんですが、それを除けば可愛いお話でした。
ヘルマンの生真面目さと奥手さ、ドーロテーアの人に優しいしっかり者さがとっても可愛いです。
今までなんとなく戯曲と抒情詩は敬遠していたのですが、これなら他も読めそうです。

ヘルマンとドロテーア / ゲーテ

『みんなの漢字教室』 下村昇 

ある意味タイトルに偽りなし。著者さんによる「漢字の素敵な学び方講座」です。
個人的には、漢字に関する面白話(情報、エピソード)を期待していたのでちょっとハズレでした。
漢字をどう勉強すればいいか・教えればいいかを知りたい方向けかもしれません。
しかしその話も、自分の方法論で終始しているのが気になりました。
自信満々に自分のやり方の素晴らしさを書いているのですが、従来のやり方や他の方のやり方との比較も欲しかったです。
多角的・客観的な評価として書いてくれないとちょっと真価がわかりかねます(笑)

みんなの漢字教室 みんなの漢字教室
下村 昇 (2003/04)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。