スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『途中の家』 エラリイ・クイーン 

だから何故この順番…?
極度の女嫌いなジューナが可愛い一冊(黙れ)
この頃のエルは女嫌いとか言ってますね。あっはっは、後半もそれで行けばよかったって思うんだけどなーエルー後半のエルーはおんなのこが大好き~…(泣くな)
一人が二人、「彼は誰として殺されたのか?」という舞台設定があまりに不思議で大好きです。
デューセンバーグで走ってるエルの姿が妙に印象に残ってるんだけどそんなに走ってたっけか(何)

『最後の女』 エラリイ・クイーン 

…なんでこんな微妙な順番で読んでるんだろう;
物凄く特異な長編。異色だと思う。ラストを覆う不気味な空気が忘れられません。
ただダイイングメッセージについてはファン内でも鋭いツッコミがあって(同じ意味の別の言葉なら紛らわしくなかったのではーという)、それは確かにそうなのですね。
でもクイーンさん大好きなので許す(黙れ)

『フランス白粉の謎』 エラリイ・クイーン 

本当は『オランダ』よりコチラの方が発表は先。国名シリーズ2作目。

『オランダ靴の謎』 エラリイ・クイーン 

すみません推理の方ももちろんクイーンですから素晴らしいのですが、それ以上にジューナの可愛らしさにやられた。(吐血)
へんそうせっとをぷれぜんとするクイーンさんとそれでエルをおどろかすジューナ…! 大好き!!

『ローマ帽子の謎』 エラリイ・クイーン 

エラリイ・クイーン一作目。
エラリイ&エラリイパパのいいおやこっぷりが好きです。それから初年給仕のジューナが好きです。
正直取り調べの単調さに飽きかけたなー(笑)でも登場人物紹介がキチンとあったりして、出てくる人がどんな人で何をしたか、というところで躓かないで読めた。エラリイパパの種明かしはデュパン(ポー)並の長さはあったけど、あれほどあきあきしなかったし。
もっと他の話も読みたいです!

ローマ帽子の謎 (創元推理文庫 104-5)ローマ帽子の謎 (創元推理文庫 104-5)
(1960/12)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。