スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鏡の向こうに落ちてみよう―有栖川有栖エッセイ集』 有栖川有栖 

有栖川先生のエッセイ第4集。
新聞連載から雑誌記事、ミステリから映画、日常にタイガースと盛りだくさん。
特に虎トークは熱いので、タイガースファンの方にはそこだけでも読んでいただきたいくらいです(笑)
相変わらずお話のテーマは幅広く、また映画や本の紹介がお上手です。
具体的なネタバレはもちろんされないのに、「一体どんな話なんだ! 読んでみたい見てみたい!」と思ってしまいました。
嬉しくも困りものです、数が多いので(笑)
また、他のエッセイ集に比べて、ご自分の作品やその登場人物に触れている部分が多いような印象を受けました。
作中で明かされていない有栖のルーツとか、有栖川先生の江神さんへの思いとか、台湾の方から見た英生さん人気の秘密とか(笑)
彼らのファンとしては楽しくて仕様がありませんでした。
幸せな時間をありがとうございました!

鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集鏡の向こうに落ちてみよう 有栖川有栖エッセイ集
(2008/05/22)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

『壁抜け男の謎』 有栖川有栖 

ノン・シリーズの短編集。
「本格ミステリ」を期待して読まないことがポイントだと思います。
この一冊で推理ものから幻想小説、官能小説まで幅広いジャンルをカバーされているからです。
新しい有栖川先生の一面を見た思いです。新鮮に楽しむことが出来ました。
以下は一編ずつ感想です。

「ガラスの檻の殺人」
密室状況の現場の中で、犯人はどこへ凶器を隠したのか? シンプルかつ論理的な回答に、ひざを打ちました。

「壁抜け男の謎」
殺人なしの推理もの。「読者への挑戦」が嬉しくて嬉しくて頑張って考えたのですがあえなく敗退(笑)いい線までは行ったのですが…(笑)

「下り『あさかぜ』」
鮎川先生の『王を探せ』のネタバレがあるということで、未読です。鮎川先生の作品を拝見してから改めて読もうと思います。

「キンダイチ先生の推理」
横溝正史に関する記述から、横溝先生に親近感が湧きました。「被害者がとった謎の行動」と「犯人の指摘」が論理的で好きです。

「彼方にて」
幻想的、蠱惑的。『中井英夫に捧げるオマージュ』から。モノクロームの中の一点の赤、というイメージが鮮やかに焼き付きました。また、クイーンの戦争批判を思い出しました。

「ミタテサツジン」
推理もの、と言っていいのか若干迷った一編。謎の提起と解決の間が短いうえ「推理」の要素が作中にあまり無いように思えたので。もう少し謎と絵解きを楽しみたかったです。

「天国と地獄」
ごくごく短い紙幅で綺麗に纏まっていたと思います。冗長にならずすぱっと。

「ざっくらばん」
これも必要充分なエピソードと表現で無駄なく纏まっていたと思います。

「屈辱のかたち」
ホワイダニットが面白かったです。おなかの辺りがすっと冷えるような不気味な幕切れ。

「猛虎館の殺人」
阪神歴代の優勝監督の名前を背負った登場人物たちが、黒黄の縞模様でそめられた館での惨劇に挑む。不気味な謎と伏線、それに対する論理的な解決、楽しませていただきました!

「Cの妄想」
メタ小説。こういうことを想像しだすと止まらなくなりそう。

「迷宮書房」
メタ小説。店名のネーミングセンスがお見事! 『注文の多い料理店』を読んでいると、くるぞくるぞと思いつつわくわく楽しめると思います。

「怪物画趣味」
ミステリと思いきや、ファンタジーかSFの世界。「怪物画」が不気味で、否定されてもどうしてもメタファーであるように思えてしまいます。

「ジージーとの日々」
ロボットもの。ミステリめいた部分のあるSFでしょうか。じんわりと胸に来ました。

「震度四の秘密」
ひとつの物語をA面とB面から描く企画のもの。この作品の場合、A面が問題編、B面が回答編であるように感じました。

「恋人」
官能小説。有栖川先生はこういうジャンルも書けるのだなあと一番驚いたのがこの作品。性交の描写はほとんど無いのにエロティックな雰囲気が濃密。特定のモチーフから情欲を醸せる腕に憧れます。

壁抜け男の謎壁抜け男の謎
(2008/05/01)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

『まほろ市の殺人 冬―蜃気楼に手を振る』 有栖川有栖 

「まほろ市」春夏秋冬とあるシリーズのうち、有栖川先生による『冬』だけ読みました。
『幻想運河』などの雰囲気に近いミステリです。
犯人が罪への恐怖に精神的に追い詰められてゆく様がいつもより色濃く描かれています。
幽霊か幻か、とかく嘘のような出来事の連続に、どのように決着をつけるのかとどきどきしました。
答えは有栖川先生らしく、ややとっぴながらも論理的なので、奇想天外なトリックがお好きな方のことはガッカリさせてしまうかもしれません。
個人的には下手に奇抜に風呂敷仕舞われるよりは現実的・論理的なほうが好きなので、成程と思いました。

まほろ市の殺人 冬―蜃気楼に手を振る まほろ市の殺人 冬―蜃気楼に手を振る
有栖川 有栖 (2002/06)
祥伝社

この商品の詳細を見る

『乱鴉の島―Nevermore』 有栖川有栖 

火村シリーズ四年ぶりの長編新刊。大歓喜で即買いに走りました愛。
新潮社の単行本ランキングでもしばらく一位をキープしてくれて、ファンとしてはうれしいことです。

シリーズ初の孤島もの、見紛うことなき本格推理です。
良かったのは技術的・知識的にかなり新しいテーマを積極的に調べて取り入れていること。
それと同時にエドガー・アラン・ポーという推理小説の原点がモチーフとして登場するのは、現代と過去との対比として面白かったです。
「時間」が一種のテーマになっているように感じたのですが、その捉えかたが綺麗で有栖川先生らしいなあと思いました。
そして、そのロジック…!
初期クイーン作品を髣髴とさせる綿密な論理が愛しくてしょうがありません。大好き。
冗長な推理は苦手という方には敬遠されてしまうかもしれないのですが、ロジックがしっかりした作品が好きな方にはお勧めしたいです。
ちょっとイマイチだったかな、と思われるのは動機の部分を意味深に何度も問いすぎたこと。くどいように思いました。
その動機自体も、ちょっと実感として理解するのは難しい感じです。
美しいですが。
あと、今回は火村も有栖川もなんだかぴりぴりしている気がしました。
怒るにしても静かに怒る人たちというイメージがあったので、ちょっと意外でした。

それにしても、同時期に発売したB'zのニューアルバム「MONSTER」でも思ったのですが、ライブ扉ーの社長さんの影響は随分大きいようですね(笑)

乱鴉の島 乱鴉の島
有栖川 有栖 (2006/06/21)
新潮社

この商品の詳細を見る

『赤い鳥は館に帰る 有栖川有栖エッセイ集』 有栖川有栖 

新聞連載、文庫後書き、その他諸々の小文が集められています。
豊富な読書量・知識量と確固たるミステリ観に支えられた文の数々にめろっめろしました。もう大好きこの人。
「潮音風声」という連載群が非常に良かったです。上手い。
私のミステリ観は元々この方の小説で作られたようなものなので、ミステリ論になると「そうそうそうなんですよねー!」と首肯することしきりでした。
クイーンへの愛もとても嬉しい。
同様に関西への愛も溢れんばかりなので、大阪・クイーン(ミステリ)・出版関係に興味がある(愛がある)方には全力でおススメしたいと思います。
ところでこの本のお陰でまぁた読みたい本が増えてしまって困った(笑)
幾度かおススメミステリについての話もされているので。有栖川先生のミステリ観を基に育った者として(?)読んで面白くないはずが無いんでメモるわメモるわ…ッだからこの人のエッセイはあんまり読まないようにしてたんですけどね!(笑)(我慢できなかった…)

有栖川有栖・雑誌掲載短編 

「猿の左手」(ジャーロ)


特筆すべきはミハエル様ご登場!!!つきつめればそれだけですよ!!!(落ち着け馬鹿)


…ええとあとは。深読みの具合がものすごく火村先生、ひいては著者有栖川先生らしくて可愛かったです。


「桜川のオフィーリア」(ミステリーズ!)
ミステリーズ!の「川に死体がある風景」という競作連載のラストを飾った短編。
<学生編の短編で死体が出るとは>という書評を見かけましたが、同感でした。
学生編は長編が完成度最高の本格ミステリで、その合間合間に入るライトミステリ的な短編が各事件後の登場人物の心理を丁寧に描いたサブストーリーとして機能しているところも良い意味で特徴だと思うのです。
そのため少し違和感を感じたのですが、纏め方はやっぱり「学生編短編」という感じで好きです。
川と、死体と、それらを包括する風景の美しさ、EMCのみんなの心理、どちらも良かったです。

「あるいは四風荘殺人事件」(オール読物)
足跡に関するトリックが大掛かりであまり自分の好みのタイプのトリックではなかったことと、憶測が多すぎることが若干不満でした。
でも話の作り、アイディアは面白かったです。登場人物に関するロジックお見事でした。
挿絵のアリスは有栖川先生に似せてあって素敵だったv片桐さんは天然系サラリーマンという感じ?

『虹果て村の秘密』 有栖川有栖 

ロジカル。子ども向けなのに論理に手を抜いてない。
むしろ子ども向けな分各人物の持つ設定情報が少なくて、『こういう立場の人は犯人ではない』という経験論的な消去法が使えない+どの程度の難しさで書くのか予想ができないから推理しにくい。
でもまさに『論理的に』考えれば答えはすぐ解る。
そういう意味でも、また作中と後書きの本格ミステリ論を読むにつけても、最高の"本格ミステリマニア入門"という感じv(笑)
このミステリーランドシリーズに京極先生参戦も驚いた。豪華な面子そろえたな。
あと後書きに奥様との馴れ初めがあって和みましたvかわいい…!

虹果て村の秘密 (ミステリーランド)虹果て村の秘密 (ミステリーランド)
(2003/10/26)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。