スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛するとき愛されるとき』 藤本ひとみ 

藤本先生のエッセイ集。恋愛や男性観がテーマのものがほとんどです。
私は藤本先生の書く男性像が一定のパターンにハマっている(ように見える)のは藤本先生の理想像もしくは読者の理想像の投影なのかなーと思っていたのですが、前者+藤本先生の男性的な部分=藤本先生の男性キャラクターということなのかなーとコレ読んでちょっと思いました。でもホントのとこどうだか(笑)
さらさらかるーい文章で、さくさくっと読めてしまうと思います。ノリはコバルトとかティーンズの後書きみたいなかんじ。示唆に富むというより愉快なエピソードや独特の世界観が展開されていて興味深いです。かるく凹んでるときトライすると元気が出そう。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。