スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歳月』 司馬遼太郎 

佐賀人江藤新平を主人公に、幕末期~佐賀の乱の顛末までを描いた作品。
江藤は天然でとても可愛い人でした。
諸外国に対して鎖国している江戸幕府治世にあって、更に他藩との交流を鍋島さん(藩主)が禁止していた佐賀藩の子だけに世情にちょっとウトくて、法の関係(司法省)では辣腕をぶんぶん揮う癖をして佐賀の乱(=軍事的なこと)となるとヌケている。もどかしいです。
大きな立役者となっていたのは大久保・西郷。
西郷が英雄というより一個の人間として描かれているのがちょっと新しかったです。人間臭い。神のように完全無欠の人間だったというつくりじゃない。
大久保さんはより冷徹ですね。
より、というのは『獅子の棲む国』(秋山香乃)と比べてのことです。『獅子~』も佐賀の乱をかすっているので。(山川が佐賀の乱当時、新任の佐賀県令(岩村弟)にくっついて佐賀城入りしてるから)
『獅子~』の久保さんはもう少し人間の温かみがあって可愛い人のように見えましたが、『歳月』では容赦の二文字が欠けている。
なんというか、ラストは本当に悲壮で切なかった。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。