FC2ブログ

『明治・金色キタン』 畠中恵 

明治時代初期の日本を舞台に、原田・滝のミステリアスな巡査さんコンビが事件に巻き込まれる連作短編集。
ひとつひとつのお話単独でも面白く読める作品集ですが、個人的には二話「花乃と玻璃」が溶くに印象的でした。
みんなで小金を出し、力を貸しあって、お互いの願いを叶えることを目的とした会を作るんだけど、どうしても叶う願いと叶わない願いが出てきて、不平等から上手くいかなくなるという話。
会のことが説明されたとき、目的は悪くないような気がする…と思ってしまったけれど、確かに一方的に尽くす者が出てくるはずだという指摘は正しいしそれは軋む。
この会は「宗教のよう」な仕組みなのに「宗教ではない」と主張して運営していた、つまり現世利益を求めた人たちばかりがやってきたから「みんなに尽くしても今すぐにリターンがないなら意味がない」と参加者が結論して失敗していましたが、
もし「宗教である」として運営されていて、他者を助けることそのものに何らかのメリットがあるんだよ~とか来世でそのぶん報われるんだよ~とか主張していたら結果は違っていたのかな…などと考えさせられました。
アクションもあるしキャラ立ちもいいし、アニメ化などしてくれたら楽しそうなシリーズです。
文庫版解説は声優・女優・文筆家の池澤春菜さん。前作のことを踏まえた楽しい解説、キノコトークが導入にあるのがとても池澤さんらしくて可愛かったです。

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/800-71f949ca