スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ディベートの基本が面白いほど身につく本』 太田龍樹 

ディベートのやり方と日常生活及びビジネスへの活かし方についての本。

主な章立ては
(1)ディベートの技術が人生の何に役立つか
(2)ディベートの流れ、ルール
(3)各局面でのポイント
(4)実生活に応用できるテクニック
(5)訓練方法

(1)については抽象的・哲学的な書き方でちょっと驚きましたが、(2)~(3)がとても実践的で分かりやすかったです。
特に反駁については、どのように反駁の論を組み立てて行くのが良いか思考の流れが示されていて参考になりました。

本文のレイアウトは見開きの右側にトピック+説明、左ページに図解という作りが全編貫かれています。
図解で理解しやすくなる内容もありましたが、逆に読みにくいところもありました。
特に統一しなくても良かったのでは。

ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)
(2007/04/10)
太田 龍樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/787-cdb629d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。