スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『星の国のアリス』 田中啓史 

少女アリスが乗った宇宙船のなかで、体内の血液を抜かれた死体が発見される。
犯人は吸血鬼なのか、それとも……? 吸血鬼SFミステリ。

描写の隅々までおぞましくてどろっどろで救いがなくて、それが堪らなく嵌っている作品だと思いました。
また、伏線の引き方が丁寧で、後半ばったばったと乗客が倒れる中でがっつんがっつん回収されてく流れが大変爽快です。
久しぶりに自分好みの意外性を持つ結末にぶつかって、いまやたらと満たされた気持ちです(笑)
後味が良いようなお話ではないにも関わらず、何なのでしょう、この楽しい読後感…!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/780-47034839

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。