スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三つの棺』 ジョン・ディスクン・カー 

「密室の巨匠」カーの誇る名作といえばコレ!ですね。フェル博士の「密室講義」輝く本格ミステリ。本格ファンを標榜しながらようやっとコレ読んでる辺りどうなの自分。
推理公開段階になってオープンになる情報もいくつかあったものの、大体の伏線は作中に公正かつ美しく引いてあったと思います。
同じトリックを「パタリロ!」で魔夜先生が使っていたので形として理解するのは難しくなかったですが、現実的には結構無理がありますわな。精神力試されすぎやっちゅうの。も一つ難癖を付けるとしたら、被害者の証言解釈には無理がある。ちょっと妄想に近いやろう(笑)
密室講義は、初版の発行から何十年がたった今でも輝いています:*:°
他作品のトリックのネタバレがやや含まれるのが悔しくはあるのですがでも本当に、密室トリックの基本形を端的に網羅してくれています。クイーンを褒めてくれたのも嬉しい(笑)手元に欲しい。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。