スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドイツの子どもたち―世界の子どもたちはいま18』 西村 佐二 

各国の子供達の「現在」を分かり易くまとめた、子供向けの絵本シリーズ18巻。
ドイツはベルリンの子供たちにスポットを当てた1冊です。
小学5年生の女の子と6年生の男の子の生活を追っていく形で、学校生活や家族関係などについて説明されています。
地方分権が進んでおり、州ごと・都市ごとで様々な文化を持つドイツの全体像をこの1冊で読み取ることはもちろん難しいですが、2001年頃のベルリンの生活については、写真もふんだんに使われていて分かり易くまとまっていると思いました。
面白かったのは「アンケート結果」が付されている点です。
ドライリンデン小学校の児童限定の回答ではありますが、
「好きな科目は」「おこづかいは何に使うか」など75項目のアンケート回答のうち多かった回答1位~3位が一覧になっています。
首都・ベルリンでとったアンケートにも関わらず、休日の過ごし方の3位に乗馬が入っていることに驚きました。ベルリンの近くにそういう施設があるんだっけか…!笑

ドイツの子どもたち (世界の子どもたちはいま)ドイツの子どもたち (世界の子どもたちはいま)
(2002/02)
西村 佐二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/775-85bfdec5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。