スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬婿入り』 多和田葉子 

うーーん…抽象的ですよね。怒涛のような日本語? 理解は出来るけど一本の意味あるお話と感じることができなかった。
私にアレゴリーは解釈できないな、ということがよっく解りました(笑)
しかし著者さんが長いことドイツ住まいでドイツ語でも本を出版していることもありまして、表題作「犬婿入り」に対して併録の「ペルソナ」(舞台がドイツ)では何気ない描写にリアルさがあるように感じられました。私の知ってるリアルなドイツなんて日本人さんのエッセイの中のドイツでしかありませんが(笑)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。