スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『動物園で逢いましょう』 五条瑛 

本編(?)のほうは、ひとつひとつの短編がミニミステリ的に面白いことはもちろん、連作短編として読んでも完成度が高くて楽しめました。
一連の連作短編を「白と黒のエクスタシー」で締める、という構成・モチーフの使い方がとても好みでした。
また、番外的に収録されている「街角の向日葵」では、洪&パクのコンビをもう一度見られてとても嬉しかったです。このコンビの話も、もっと読んでみたいです。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/760-23fff3ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。