スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウタノタネ~だれでも歌人、どこでも短歌~』 天野慶 

歌人の天野慶さんによる、短歌入門本。
と言っても、お堅い話は一切ありません。
短歌って何だ? 57577で伝えたい気持ちを表すもの。
それだけがルールです。
「楽しく」「素直に」「のびのびと」詠むことが勧められています。
今まで現代短歌をあまり読んだことがなかった私には、天野さんご本人の作品も天野さんがお好きな作品も(本文中や欄外に紹介されているのです!)、とても瑞々しくて新鮮な印象を受けました。
現代語から古語、恋から政治まで「詠み手さんの詠みたいもの」が丁寧に57577の形に納められている。
言葉と真摯に向かい合い、厳選して選ばれた31文字にはっとさせられることが何度もありました。
そんな歌との出会いからさらに短歌の世界に入っていくきっかけとして、作品が元々載っている歌集の題が添えてある点も素敵な作りだと思います。
もっと色々な歌集を読みたい、そして自分でも詠んでみたくなりました。
後半は天野さんご自身の活動や生い立ちについて、そして短歌を使った遊びについて書かれています。
「喫茶うたたね」に行ってみたい。短歌で遊んだりもしてみたい!

ちなみにこの本は、図書館の児童室のすごく目立つところにディスプレイされていた1冊でした。
シンプルで可愛らしい表紙に惹かれて手に取り、中を見て、冒頭ですぐ現代短歌の面白さに打たれてしまって即借りてきた次第です(笑)
日本語って素晴らしいと思える本なので、またあの場所からたくさんの子どもたちが手にとっていってくれたらいいなあ。

ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌
(2008/02)
天野 慶

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

イダヅカさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。
初めての短歌講座、素敵ですね。
ご本を読んでいても天野さんの柔らかなお人柄を感じましたが、そんな天野さんから教えて頂けるのはとても楽しい時間なのだろうなあと思います。
これからの企画ごとなど、参加できそうなものがあれば是非天野さんの活動を実際に見てみたいです。
HPのご紹介もありがとうございました!
じっくり拝見させて頂きます。

イダヅカさんは詩を書いていらっしゃるのですね。
詩というジャンルもまだまだあまり読めていないので、イダヅカさんの作品と書評とで勉強させていただきたいです。
言葉にまつわるあれこれは面白いですね。

はじめましてっ

はじめまして
書評ブログから来ました

天野さんは、本よりも実際に会った方がすばらしいですよ。
あと、NHKのラジオ放送も。
ウタノタネの延長線で、幼稚園や小学校で初めての短歌講座をしてらっしゃいます。

彼女のブログにその模様が乗っているけどとても楽しいです。
ブログをのせようと思ったけど、短歌作品も見ていただきたいのでWEBのアドレスを載せさせていただきます。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/longing/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/717-98b4be4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。