スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幽談』 京極夏彦 

京極先生の「怖い話」短編集ということで、夏の間に読みたいとずっと思っておりました。
結局9月になってしまいましたが、滑り込みセーフというところでしょうか(笑)
収録作品は
「手首を拾う」
「ともだち」
「下の人」
「成人」
「逃げよう」
「十万年」
「知らないこと」(書きおろし)
「こわいもの」(書きおろし)
以上8編です。
勝手にヒュードロ系の怪談かと思い込んでいたのですが、その方向ではありませんでした。
アイデンティティが揺らぐ「怖さ」を描いた短編集、だと個人的には思います。
ホラーあり幻想小説めいたものもあり不条理ものあり幽霊らしきものもいて、ジャンル分けも難しいです。とにかく「不確かさという怖さ」をテーマにした短編集としか。
タイプとしてはマイケル・リチャードソンの『ダブル/ダブル』などに近いでしょうか。
「私は誰」なのか、「ここはどこ」なのか、「この世界は本当」なのか?
他者との境界が滲み五感も記憶も何もかも信じることができない世界観に、奇妙な不気味さを感じました。
ただ「こわいもの」はところどころ『姑獲鳥の夏』の冒頭部と同じことが主張されていて、焼き直しめいて感じられたのがちょっと残念でした。

幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
(2008/07/16)
京極夏彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

FLIPさんへ

京極さん作品は、大きな外れなく面白いと思いますよ~!
京極堂シリーズのほうが人気があると思うのですが、巷説百物語シリーズもお勧めです。
巷説は本当に完成度が高くて、読後しばらく感動しっぱなしでした(笑)
今でも話を振られるといかに凄いか語ってしまいます(笑)
京極堂シリーズが講談社さんから動くとのこと、驚きました。
何があったのか詳しくは解りませんが、京極先生が楽しく書いていらっしゃるのが一番かなあと!
これからの活躍にも期待ですv

アドレスに突っ込みありがとうございます(笑)
そうなのです、ドイツが大好きなものでその辺りを反映(?)させてみました。
ヘッセは実は『車輪の下』しか読んでいないのですが、あれは今の若い世代にも通用しそうなお話で考えさせられますね。

他の出版社に!?

京極堂シリーズが講談社からよその出版社に移ってしまうんですってね~。
ビックリです。

実はまだ、京極さんの本は読んでいない私。
本屋さんに行くたびに、講談社ノベルスの棚に鎮座ましますその存在感に圧倒されすぎて「いつ読むか、いつ読むか……」とあえて獲物を泳がせるライオンのようにこっそりタイミングを狙っていたのですが。
まあ、講談社でのお仕事をしないということでもないようですので、今後の展開にも期待大ですけれど~。

それはそうと、このブログのアドレス「ありがとう」だったんですね。今日気付きましたw

ヘッセが読みたくなりました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/716-47034e31

◆わからないからこそ“こわいもの”…/「幽談」京極夏彦

「百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)」などでおなじみの作家・京極夏彦の短編小説集「幽談」を読みました。 はっきり姿を現さないけれど、何か“こわいもの”が暗闇の中にいる…。 そんな、人間が持つ根源的な恐怖を描いた8編の短編小説が収録されています。 <S...
  • [2010/02/28 03:46]
  • URL |
  • Viva La Vida! |
  • TOP ▲

「幽談」 京極夏彦

ちょっとした怖い系の想像力や、夢的なものに影響された心象風景みたいな?
  • [2009/05/28 06:38]
  • URL |
  • 或る日の出来事 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。