スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『壁抜け男の謎』 有栖川有栖 

ノン・シリーズの短編集。
「本格ミステリ」を期待して読まないことがポイントだと思います。
この一冊で推理ものから幻想小説、官能小説まで幅広いジャンルをカバーされているからです。
新しい有栖川先生の一面を見た思いです。新鮮に楽しむことが出来ました。
以下は一編ずつ感想です。

「ガラスの檻の殺人」
密室状況の現場の中で、犯人はどこへ凶器を隠したのか? シンプルかつ論理的な回答に、ひざを打ちました。

「壁抜け男の謎」
殺人なしの推理もの。「読者への挑戦」が嬉しくて嬉しくて頑張って考えたのですがあえなく敗退(笑)いい線までは行ったのですが…(笑)

「下り『あさかぜ』」
鮎川先生の『王を探せ』のネタバレがあるということで、未読です。鮎川先生の作品を拝見してから改めて読もうと思います。

「キンダイチ先生の推理」
横溝正史に関する記述から、横溝先生に親近感が湧きました。「被害者がとった謎の行動」と「犯人の指摘」が論理的で好きです。

「彼方にて」
幻想的、蠱惑的。『中井英夫に捧げるオマージュ』から。モノクロームの中の一点の赤、というイメージが鮮やかに焼き付きました。また、クイーンの戦争批判を思い出しました。

「ミタテサツジン」
推理もの、と言っていいのか若干迷った一編。謎の提起と解決の間が短いうえ「推理」の要素が作中にあまり無いように思えたので。もう少し謎と絵解きを楽しみたかったです。

「天国と地獄」
ごくごく短い紙幅で綺麗に纏まっていたと思います。冗長にならずすぱっと。

「ざっくらばん」
これも必要充分なエピソードと表現で無駄なく纏まっていたと思います。

「屈辱のかたち」
ホワイダニットが面白かったです。おなかの辺りがすっと冷えるような不気味な幕切れ。

「猛虎館の殺人」
阪神歴代の優勝監督の名前を背負った登場人物たちが、黒黄の縞模様でそめられた館での惨劇に挑む。不気味な謎と伏線、それに対する論理的な解決、楽しませていただきました!

「Cの妄想」
メタ小説。こういうことを想像しだすと止まらなくなりそう。

「迷宮書房」
メタ小説。店名のネーミングセンスがお見事! 『注文の多い料理店』を読んでいると、くるぞくるぞと思いつつわくわく楽しめると思います。

「怪物画趣味」
ミステリと思いきや、ファンタジーかSFの世界。「怪物画」が不気味で、否定されてもどうしてもメタファーであるように思えてしまいます。

「ジージーとの日々」
ロボットもの。ミステリめいた部分のあるSFでしょうか。じんわりと胸に来ました。

「震度四の秘密」
ひとつの物語をA面とB面から描く企画のもの。この作品の場合、A面が問題編、B面が回答編であるように感じました。

「恋人」
官能小説。有栖川先生はこういうジャンルも書けるのだなあと一番驚いたのがこの作品。性交の描写はほとんど無いのにエロティックな雰囲気が濃密。特定のモチーフから情欲を醸せる腕に憧れます。

壁抜け男の謎壁抜け男の謎
(2008/05/01)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/696-f2512b93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。