スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『塔上の奇術師』 江戸川乱歩 

町の一角寂しい場所に建っている古びた洋風時計屋敷、その天辺に怪しい影が。少女探偵たちが目撃したそれは、二本の角を生やし、黒いマントを羽織った不気味な蝙蝠男で――
少年探偵団もの、ポプラ社さんの新装版20巻。
蝙蝠男、道化師、謎のお化け、と次々不気味な化け物が時計屋敷を徘徊する様子は、なかなか怖いです。
ネタのひとつひとつは見たことのあるものですが(笑)組み合わせ方が面白く、また「二十面相が何度も目的の家に出没していたのは何故か」という前半の伏線がきちんと回収されていた点が良かったと思います。
あと小林少年、マユミさん、チンピラ別働隊ほか明智ファミリーオールスターという感じで壮観でした…!(笑)
名前のある登場人物がいつの間にかこんなに増えていたのですね。

塔上の奇術師 (少年探偵・江戸川乱歩)塔上の奇術師 (少年探偵・江戸川乱歩)
(1999/02)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/692-905229c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。