スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリス・バーディックの謎』 C・V・オーズバーグ絵文 村上春樹訳 

白黒のパステル画集。見事な濃淡が本当に美しいです。
訳は村上春樹さん。
この本の面白いところは、ただの画集ではなく設定がついているということです。
全てのパステル画は架空の画家=ハリス・バーディックの絵で、各絵に題と説明文がついているが彼は失踪し、話の内容は一切謎。
どんなものを彼が描こうとしていたかは憶測するしかないのです。
思わせぶりな題と象徴的で様々に解釈できる絵がいく通りもの物語を想像させてくれ、とても楽しかったです!

ハリス・バーディックの謎

スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/647-d5cc9852

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。