スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新装版 マックスウェルの悪魔―確率から物理学へ』 都筑卓司 

文系にも優しい物理本、という触れ込みで読みました。
前半は確かに分かりやすかったですが、後半は徐々に難しくなっていったように感じます。
しかしそれは私に全く物理の素地がなかったことが問題なのだと思うので、多少なり基本が入っている方には面白く読める本なのではないでしょうか。

新装版 マックスウェルの悪魔―確率から物理学へ (ブルーバックス) 新装版 マックスウェルの悪魔―確率から物理学へ (ブルーバックス)
都筑 卓司 (2002/09)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/634-b84a6a16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。