スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドイツ語はじめの一歩まえ』 矢羽々崇 

ドイツ語を習う前にドイツ語圏に興味を持ってもらうことを主旨としたやさしめの本。エッセイと言って良いかとv
簡単・簡潔・優しい口調で「ドイツといえばコレ」な典型的ドイツ話をしてくれます。
小塩節さん・犬養道子さんのご本と(書き方は違えど)同じ見解も見えて、ドイツの実際の姿は確かにこのようなのだろうな、と確信できました。
三人分の見解一致があればまずまあ大きなズレはないでせう(笑)
小塩さんと矢羽々さんはNHKドイツ語講座つながりなので、参考になさったのかな、とも思ったのですが。
本文の上には本文に関連した簡単なドイツ語文が1つないし2つと、やはり本文中に出てくるドイツ語単語がいくつか紹介されていて、私の場合は学校でやったことの復習になりました。カタカナで振り仮名がふってあるのでおかしな読み方をしないですみます(笑)
日本にあるドイツ、ドイツの生活や文化、ドイツの中の日本、と端的に説明した後に、「ドイツ語の第半歩」と銘打って簡単な挨拶とそれにまつわる小話や説明がついているのも良いです。使う時間、タイミング、イントネーションが解説されているので。キチンと覚えて行けば旅行中楽しいだろうな。

個人的に興味を持ったのは、ドイツ人の整理整頓気質と、日本とドイツに共通してある(らしい)潔癖症とも言えるような「清潔志向」はどのような歴史・文化・地理的背景からきているのか? ということでした。
小塩さんや犬養(道)さんも著作の中でドイツ人の整理整頓のきっちりさや徹底された掃除の様を書いています。
でもこの本では、「そこからナチスドイツ(もしくは現在のネオナチ)の優性思想や“純ドイツ人”以外を排斥しようとする傾向が生まれてきたのではないか」と分析を加えられていたので改めて気になった次第でした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。