スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アボカド・ベイビー』 ジョン・バーニンガム文、絵 青山南訳 

家族みんなが身体の弱いハーグレイブ家に赤ちゃんが生まれた。
その子もやっぱり身体が弱く、ご飯も少ししか食べてくれない。心配した家族がアボガドを食べさせたところ、赤ちゃんはみるみるうちに元気になって……
イギリスで高い人気を博し、日本でもほとんどの作品が訳されているというジョン・バーニンガムさんの絵本。
シンプルで爽やか、さらりとした水彩の挿絵で描かれるパワフルな赤ちゃんはとてもコミカルで可愛らしいです。
見開きの使い方が上手く、迫力満点。
むんと力を入れる怒った赤ちゃんの表情が好きでした。
アボカド・ベイビー / ジョン バーニンガム


2007年02月09日に読んだ本(絵本5冊、マンガ1冊、その他3冊)


スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/583-67d284eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。