スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペレのあたらしいふく』 エルサ・ペスコフ文・絵 おのでらゆりこ訳 

スウェーデンでは国民的人気を誇るという、エルサ・ペスコフの絵本。
主人公の少年ペレが新しい服を手に入れるまでのお話です。
何かを得るには対価が必要なのだということが、流れで優しくわかります。
透明感のある丁寧な挿絵もとても素敵です。水彩っぽい感じでしょうか?
もうこの挿絵のペレや、ペレがこひつじと仲良ししている様子がかっわいい!
その使い方(構成)も面白いです。
見てもらうのが一番早いと思うのですが、左側の頁が一コマで、右側の頁は二コマとなっているのです。

ペレのあたらしいふく ペレのあたらしいふく
エルサ・ベスコフ、おのでら ゆりこ 他 (1976/02)
福音館書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/549-10a7ca4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。