スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『図書館サービス論』>『多文化サービスの改善点』 

(1) 明石浩「実践の『場』としての多文化サービス―図書館でベトナム語口座」〔図書館問題研究会『図書館評論』第47号(2006)68-74頁〕
(2) 明石浩「外国語苦手の図書館員が多文化サービスのための外国語を勉強するためには―外国語苦手もびっくり、インドネシア語がお勧め!」〔図書館問題研究会,教育資料出版会『みんなの図書館』第348号(2006)31-34頁〕
(3) 明石浩「図書館員と外国語―多文化サービスの側面」〔図書館問題研究会,教育資料出版会『みんなの図書館』第328号(2004)38-43頁〕
(4) 明石浩「図書館と多文化主義―フィリピン語(タガログ語)の本の貸し出し―多文化サービスを試みて」〔図書館問題研究会『図書館評論』第44号(2003)52-61頁〕
(5) 大塚敏恒「多文化サービスの新たなる段階を目指して―図書館の国際化を考える」〔図書館問題研究会『みんなの図書館』第223号(1995)56-62頁〕
(6) 河合弘志「試練に向かう多文化サービス―ドイツの公共図書館の現状」〔図書館問題研究会『みんなの図書館』第223号(1995)28-43頁〕
(7) http://db.yomiuri.co.jp/bunshokan/河井弘志編『図書館員選書4 蔵書構成と図書選択〔新版〕』(日本図書館協会)1992
(8) 阪田蓉子編『新編 図書館学教育資料集成4 情報サービス論[補訂版]』(教育史料出版会)2003
(8)朝日新聞社『聞蔵Ⅱビジュアル for Libraries』http://database.asahi.com/library2/
(9)日経新聞社『日経テレコン21』http://telecom21.nikkei.co.jp/nt21/service/
(10)毎日新聞社『毎日Newsパック』
https://wdbs10.g-search.or.jp/cgi-bin/WMNP/NPacc_login.cgi
(11)読売新聞社『ヨミダス文書館』

スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/547-5cf794fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。