スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『邪魅の雫』 京極夏彦 

賛否両論あるようですが、私は割りと好きでした。
相変わらず伝えたいものを伝えるのが上手い、小説が巧みな方だと思います。
yahooブックスでのインタビューにおいて、京極先生は、「自分が世界の中心だ」と信じて疑わない感覚の持ち主が増えているような気がする、と仰っていました。
このことを小説という形で描こうとしたのならそれは露骨に伝わりましたし、それがよくいる人間だということも強く感じました。
ああ、いるいる、こういう考え方の人、と何度も首肯・共感しました。
ラストあたりの女性の一人称がちょっとちゃちな感じがしましたが、それ以外はよく書けている小説だと思います。
書き手が京極夏彦であり、妖怪シリーズという文脈の上にあるから作風の変化や内容について喧々囂々議論されるのであって、そういうしがらみなしに一本の小説として読めば完成度は結構高いほうだと思うのですが、どんなものでしょう。
ところで今回は関口君が真人間のようでびっくりしました(笑)

邪魅の雫 邪魅の雫
京極 夏彦 (2006/09/27)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/545-64afc31b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。