スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 

裏社会に足を突っ込んだ男たちの話。
サスペンスでありスピリチュアルな小説でもあるのでしょうか。私にはどのように評価してよいのかわからないお話でした。
この終わりやつくりは、上手いと言うべきなのかぐだぐだだと取るべきなのか決めかねるのです。こういうお話に慣れていないので(笑)
非現実的が過ぎると言う人は言うでしょうし、深みがあると言う人は言うでしょう。
個人的に好きか嫌いかといわれれば、好きです。
伊坂作品らしい登場人物たちを追っかけていくのは楽しかったです。
ラストにはそこはかとない不安を覚え、そのぐらりとする感じも面白いなあと思いました。

グラスホッパー グラスホッパー
伊坂 幸太郎 (2004/07/31)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/544-e04887a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。