スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジュリエットの悲鳴』 有栖川有栖 

短編集。シリアスなミステリというより、あとがきにもある通り「ごった煮本」という印象です。
全体的にいつもよりも情緒的で、論理より雰囲気重視かな。シリーズ系列の作品にはない、しんみりとした味わいのものも多いです。
ロジカルさを期待して読んだらガッカリするかもしれません。
個人的には、その作風の多彩がむしろ楽しかったです。
シリーズものじゃない分余計なしがらみも少ないのか、筆のすべりも良さそうに感じました。文章の調子がいいような。

「落とし穴」
ケレン味の強い本格、と言って良いのでは。
キャラをさくっと掴ませる辺りがやっぱりお上手、というか有栖川先生が造形する人物はいいなぁと思います。

「裏切る眼」
コレはちょっとイマイチ。かなり無理があります。

「Intermission1:遠い出張」
広告に使われた作品のうちのひとつ。
オチはご自身も仰るとおりわかりやすい。
他ふたつ(Intermission2/4)も含めて、字数制限も内容制限もない中での回答も読みたい。

「危険な席」
凶器にやや無理があると思いますが、タイトルとの相関が好きです。
というかこの本に収録された作品はほとんど全てそうですね。タイトルの付け方が、よくあるもののようでとても上手いと思います。

「パテオ」
お茶目!可愛いお方です。

「Intermission2:多々良探偵の失策」
メルカトルが同じようなことをやっていた気がします。(@『血文字パズル』)

「登竜門が多すぎる」
大 爆 笑。
大好き。お上手。座布団一枚。
ミステリファンなら笑わずには居れないかと!(笑)友達の隣でめっちゃ噴出して死ぬほど恥ずかしかったです(…)

「Intermission3:世紀のアリバイ」
面白い。後書きでご自身がお話していた、この作品を依頼された過程の小話も好きです。

「タイタンの殺人」
SFミステリ。私には新鮮。すごい容疑者ですよ…!
こういうものまで書けるとは芸の幅が広いな~。

「Intermission4:幸運の女神」
微妙。ややありがちでは。

「夜汽車は走る」
お気に入り。歌と、回想と、現在の絡み方がとても上手かったと思います。
雰囲気に酔わされました。

「ジュリエットの悲鳴」
「英国庭園の謎」と同じくタイトル先行という恐ろしい創作法がなんというかもう…可愛い方だなと(笑)

ジュリエットの悲鳴 (角川文庫)ジュリエットの悲鳴 (角川文庫)
(2001/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。