スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『長編伝奇探偵小説 帝都探偵物語② 闇を呼ぶ人狼』 赤城毅 

帝都探偵物語第二巻。
相変わらず「探偵」と言いつつ冒険小説全開です(笑)
解説がものすごく的を射ていたのですが、つまりこれは「大人のための少年探偵団」なのですね。
少年探偵団シリーズにおける乱歩の稚気を愛する皆様にはお勧めしたいです。
本格推理は期待してはなりません(笑)
ワンパタといわれてしまえばそれまでですが、オチを半ば確信しつつも過程を楽しみました。
またこの赤城さんという方は独文科卒だったり近代史をやっていたりとやたら自分と共通点のある方なのですが、軽妙な文体でラノベなノリかと思いきや、実はご自分の専門を上手く織り込んであるのがわかります。
本来しっかり勉強している人なんだろうなーと思います。
悪役がのし上がるきっかけに山県有朋をヨイショしたことを持ってくるあたり上手いですね!(笑)
山県さん友達少ないから…。ぴったりの人選だと思った。笑。

帝都探偵物語〈2〉 帝都探偵物語〈2〉
赤城 毅 (2003/05/13)
光文社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。