スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モーツァルトは子守唄を歌わない』 森雅裕 

絶賛ドイツに親しもうと頑張り中ということで、ベートーヴェンを探偵役に据えたミステリ。
ハイドンが亡くなった辺りのウィーンが舞台で、著名な音楽家がたくさん顔を出します。
それぞれのキャラが濃くて楽しかったです。
ベートーヴェン先生ダイスキーvチェルニーとの師弟漫才がダイスキーーvv(笑)
おちょくり合い可愛いです。
音楽(家)さんに詳しい人ならもっと楽しめたか、「楽聖に何をするかー!!!」と怒るかどちらかだと思います(そりゃな)
ミステリの出来としては良い感じ。まあ乱歩賞受賞作なので悪かったら乱歩の名がすたるってもんですが(笑)私は好きです。
無茶無理矛盾なケレン味溢れるトリックや理屈が少なくて、割と自然に謎が溶解していく。元来の「本格」という感じが致しました。「そんな派手やったらバレんべ?」のツッコミをしたい部分はいくつかあれど。
ただ少々アッサリし過ぎかもしれません(笑)アレー割とおっきい謎が盛り上がりも無く淡々とバレたー?みたいな(何)
あと暗号の話がありますが、ちょっと容易に解けすぎた。あれだけで解けたら天からの電波か作った人だよ。(え)

講談社文庫のミステリはデザインやイラストが表紙のことは確かにあるけど漫画家が描いているのは初めて見ました(笑)
魔夜峰央さん…!(笑)
ベートーヴェン先生ドンマーイ!(笑)売れたのかこの表紙(ひどい)
もう一人がチェルニーなのかモーツァルトなのかも音楽詳しくないので解りませんでした;
しかし…チェルニーorモーツァルトの子をパタリロチックにやるならベートーヴェン先生がバンコランでも良かったと思うわけで(えー)
見たかったなー眼力なベートーヴェン先生。(無茶)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。