スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新本格猛虎会の冒険』 

タイガースファンの作家たちによる、虎に捧ぐ本格推理アンソロジー。作家紹介=著者の阪神ファン暦。
タイガースが好きな方にはめっぽう面白いと思います。虎への愛が溢れています。
(逆に言うと巨人が好きな方にはオススメしません/笑)
選手なども実名で出てきたりしますが、野球に詳しくない私には解らなくて残念でした。

五人の王と昇天する男達の謎(北村薫)
なんと、「作家編の」でもなく「学生編の」でもない「作家・有栖川有栖御大」が奥様と一緒に登場し、探偵役を務めるという異色なミステリです(笑)
ところもファンタジックで、煉獄が舞台。
野球ファンの男たちは昇天する寸前に好きな選手と面会し、「誰と会ったか」をダイイングメッセージとして残す。
さて二人が会った選手とは、誰なのか?
ウィットの利いた洒落という感じで私は好きな作品です。
有栖川先生可愛いな(お前落ち着けええ)

一九八五年の言霊(小森健太朗)
これも洒落っぽさが強いですがー…論理がちょっと強引、かつ最後のオチが寒かったです。

黄昏の阪神タイガース(エドワード・D.ホック)
ホックはタイガースファンではないようですが(笑)でも日本のことがしっかり描けている良短編だと思います。
女性がややアメリカ女性っぽい雰囲気かなー? とも思いましたが。
海外の人の日本、というのが面白いから良いです(笑)

虎に捧げる密室(白峰良介)
動機がこのアンソロジーならではです。
突拍子も無いトリックで驚かせてくれるノリではなく、ああ成程ね、とストンと納得行く感じ。
あっけなさ過ぎてイマイチと思う人もいるでしょう。個人的には、有り得なさ過ぎる話をされるより好感が持てました(笑)

犯人・タイガース共犯事件(いしいひさいち)
これのみ漫画。
『意外な共犯者』ににやりとします。

甲子園騒動(黒崎緑)
テンポの良い会話のみで展開してゆく『漫才ミステリ』(らしい/笑)
阪神ファンの人にはわかるだろうネタ満載です。関西弁のとんとん拍子とボケ・ツッコミの展開の速さで飽きさせません。
ごく普通と思われた球場風景が一変する様子、会話のみの本文に上手く引かれた伏線が良かったです。

猛虎館の惨劇(有栖川有栖)
わけのわからん謎に継ぐ謎が論理的に解明されて、更には阪神への愛のこもったオチがついてしまう、美味しい本格ミステリ。
ポーの応用形と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。
不謹慎とは思いつつ、オチの上手さに手を打ちました。なーるほどね!
トラキチな有栖川先生も好きですよ。

新本格猛虎会の冒険 新本格猛虎会の冒険
有栖川 有栖、逢坂 剛 他 (2003/03)
東京創元社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/494-e810382c

新本格猛虎会の冒険 新本格猛虎会

熱烈な阪神タイガース・ファンの推理作家たち。 有栖川有栖、いしいひさいち、北村薫、黒崎緑、小森健太郎、白峰良介、 E・D・ホック、逢...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。