スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎 

『陽気なギャングが地球を回す』の続編。
第一章は雑誌掲載短編の改訂版ということで、雑誌掲載時の形を読み逃しているのがちょっと口惜しいです(笑)
スリルとサスペンスとほのぼの感が同居している雰囲気が好きです。
相変らず個性的な登場人物と、絡み合う伏線の山に楽しませて頂きました。
ややその伏線のいくつかが放置されたままになっているかなー…?という感じもしましたが、面白かったのでいいです(何様)
田中さん多用(?)の傾向は作中で突っ込まれてましたが、確かに突っ込みたくなります。
でも彼がいないとこういうリズムでお話を回せないのも本当だと思うので、難しいですね。
とりあえず四人のギャングとその家族に愛を感じます。

陽気なギャングの日常と襲撃 陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎 (2006/05)
祥伝社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。