スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『知って役立つキリスト教大研究』 八木谷涼子 

キリスト教の基本について書いてくれた本。各宗派ごとの教義や信仰の内実、信徒人口の多い土地などの情報が書かれています。
もくじと索引も詳しく、知りたいことが探しやすいので資料としてとても使いやすいです。
「業界用語集」「教派の系譜」「祝日対照表」「教派対照表」「東方正教会&ローマ・カトリック聖職者対照表」「参考文献リスト」などの付録もお役立ち。本文の文章が端的なリストになっています。
個人的に、その教派がテーマになったり、扱われている映像資料(映画など)・小説が紹介されているのも嬉しかったです。
やや専門用語が多いので読みにくいところもありました。
でも「業界用語集」を参照して読めば理解しやすかっただろうと、読み終わってから思いました(笑)素直に冒頭から読んでいたので。
イラストつきなのはイメージがしやすくて良かったのですが(小物や祭壇(?)、服や教会の細かな部分が。)、出来るだけ写真も入れて欲しかったです。イラストだと細かいところにミスがあるんじゃないかとちょっと不安になってしまいます。

知って役立つキリスト教大研究 知って役立つキリスト教大研究
八木谷 涼子 (2001/12)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。