スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『占星術殺人事件』 島田荘司 

お も し ろ か っ た!
初っ端から1936年&「明治」というファクターが絡んでくるわ、メインの時間軸も1970年代だわで近現代スキー的には楽しかったです(笑)政治的要素は薄いですが。
メイントリックは某推理漫画で使われたことのあるもので、割と早い段階で見当がついてしまったのが残念。
でも知らなかったら解らなかったと思う。
漫画の方が後です因みに。島田さんの方が発表は早いので、漫画の方が真似たか被ってしまったかでしょう。多分小説発表時は結構センセーションだったんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう…!
久々にしっかりと「本格推理」な作りで楽しかったです。
とても綿密に情報提供と推理をしてくれました。やや推理にこじつけめいたところがあるものの、そんなのは重箱の隅です。
これなら「読者への挑戦」を入れて頂いても大いにオッケー、と個人的には思う!

占星術殺人事件 改訂完全版占星術殺人事件 改訂完全版
(2008/02)
島田 荘司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。