スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『博物誌』 ジュール・ルナール 岸田国士訳 

「にんじん」などで有名なジュール・ルナールの動物本。
色々な動物について、独特の解説っぽい文章やら掌編やらが書かれています。
「蛇」の章(?)は多分特に有名で、面白がって皆が言及している気が(笑)
起承転結がぼんやりした作品が多い気がします。なんとなーくさらーっと読めます。
一文だけ取ってみると面白い、というような文章も多く、小説の冒頭なんかに引用できそうです。

博物誌 博物誌
岸田 国士、Jules Renard 他 (1954/04)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。