スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドイツプロゼミナール』>『ドイツの平和教育』資料 

『戦争責任・戦後責任―日本とドイツはどう違うか』粟屋憲太郎、田中宏、三島憲一、広渡清吾、望田幸男、山口定
直接的にはテーマに関係してこないのでざざーっと読んだ感じですが、もっと真面目にこの問題考えないとアカンと切に思いました。

『立ったまま埋めてくれ―ジプシーの旅と暮らし』イザベル・フォンセーカ
コレは多分高2だか辺りに読んだもの。ロマ(ジプシー←差別語。今は「ロマ」呼び)たちがホロコーストの犠牲になっていたという話、ロマたちの気性性格について思い出して書かせて貰ったので。(せめて読み返せよ)
分厚くて読みづらいかもしれませんがいい本です。ホロコースト等のこともそうですが、ロマたちのことももう少し世間に知られれば良いなと思います。

『世界の歴史教科書―11カ国の比較研究』石渡延男、越田稜(編)
今回のナンバワーンお役立ちかもしれない。ドイツの授業と教科書について現状と問題がまとまっててわかりやすかったです。
時間があれば他国の話も読みたかった。いつか是非。

『現代ドイツの社会・文化を知るための48章―エリア・スタディーズ』岩淵正明、田村光彰、村上和光
これはもうビンゴで「平和教育」の章があったのでそこのみ読了。
大まかなところが纏まっていて解りやすかったです。大体褒めてるけど問題点も挙げられていたのがいい感じ。

『現代ドイツ情報ハンドブック<+オーストリア・スイス>〔改訂版〕』河合節子、佐間進、山川和彦(編)
右傾する若者(ネオナチ)や戦後教育の話ちらり。数字のデータが多いので、使えました。


『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹
エッセイ。ホントはあんまり資料にそういうの使うなといわれてたのですがコッソリと。
現代ドイツに住んでの感想なので生な声で良かったかなと思います。でも極論の香りもそこかしこにしたので割り引いて使いました(何)

『歴史教育と教科書―ドイツ、オーストリア、そして日本―』近藤孝弘
教科書問題を取り巻く動きだとかの流れを追ってる感じ…?「歴史教育」というよりほんとに教科書にスポットライトという印象。

『国際歴史教科書対話―ヨーロッパにおける「過去」の再編』近藤孝弘
ドイツ・ポーランド間の教科書対話について細かく論じてあったのですが(そしてそこのみざっと読んだ)、実際の教育現場に関係した話はあまり無かったです。

『21世紀の子どもたちに、アウシュヴィッツをいかに教えるか?』ジャン=F・フォルジュ
ドイツの教育の話だとばかり思っていたのに著者がフランス人教師さんだとわかったときの衝撃。(アホ)
でもホロコーストを扱った映像作品への時代考証的ツッコミなどが面白かったです。
しかし「如何に」というより前半はアウシュヴィッツそのものの解説に終始していたような。

『現代ドイツを知るための55章―変わるドイツ・変わらぬドイツ』高橋憲・浜本隆志
割とドイツ持ち上げ・日本批判の傾向かなぁと思います。ドイツの良いところを褒めるのは勿論グッジョブなのですが、批判もあって然るべきなのでは。ある国のある問題にいいところしかないなんてことはないと思うのでした。

『歴史はどう教えられているか―教科書の国際比較から』中村哲
西ヨーロッパの比較(仏・独・英)のみ読了。割と端的に纏まってた…?(疑問系?)ただこれ1冊で教科書問題論じるには無理があるかなと思います。仏英は知らんですがドイッチュは教科書の種類がたくさんあるので、ここまで断定的に言えるのかどうかちょっと疑問。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。