スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ニーチェ入門』 竹田青嗣 

タイトルの通り、非常にわかりやすいニーチェ入門です。
日本語が平易かつ論理的で、いつも哲学書を読むと頭痛がするんですが今回は大丈夫でした(笑)
繰り返して書いてしまうほど、本当に読みやすいです。
虚無主義的というより前向きな感じのニーチェ解釈なことも、私には合いました。
永遠回帰の解釈が、実社会に思想として適応するのはむずかしいだろうなーと思えてしまうほど理想を追いかけていてポジティブです。励まされました。
ルサンチマン的なキリスト教解釈もとても面白かったです。
キリスト教者の方やキリスト教を研究していらっしゃる方は、これをどう考えていらっしゃるのか伺ってみたいものです。

ニーチェ入門 ニーチェ入門
竹田 青嗣 (1994/09)
筑摩書房

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。