スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蟹塚縁起』 梨木香歩 

絵本?と疑問に思ってしまうほどシリアスなお話が展開される絵本。
前世という深遠なテーマを多角的に消化している、と読みました。
でも絵と端的な文章、というシンプルな形だからこそ、複数の解釈が成り立つ気がします。
日本古来の民話の典型「恩返し」と、「前世」というおよそ非西洋的なモチーフを扱っていながら、お話全体には梨木さんらしい英国風の空気がありました。
せつなかったです。

蟹塚縁起 蟹塚縁起
木内 達朗、梨木 香歩 他 (2003/02)
理論社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。