スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『図書館概論B』>『「凶水系」事件に見るプライバシー保護』 

前述>図書館の自由を考える/渡辺重夫著.―青弓会,1996

『図書館雑誌VOL.99』 日本図書館協会図書館雑誌編集委員会編
月報らしい。薄いので読みやすいです。図書館界の最新ニュースはコレチェキ。

図書館年鑑 (2004) 図書館年鑑 (2004)
日本図書館協会図書館年鑑編集委員会 (2004/08)
日本図書館協会

この商品の詳細を見る
タイトルの通り、図書館界一年の総括です。図書館員の必須アイテムだそう。
日本語は難しくないですが閉鎖的な印象。


図書館の自由とは何か―アメリカの事例と実践 / 川崎 良孝
アメリカにおける図書館の自由問題に関する具体的事例と対応を纏めた本。
日本とは事情が違いすぎて私の選んだテーマの参考にはあまりなりませんでした。欧米の図書館は進んでて本当ーに羨ましいです。

図書館の自由に関する事例33選 / 日本図書館協会図書館の自由に関する調査委員会
図書館の自由に関する主だった日本の事例を集めた本。
33選とある通りテーマは様々ですが、かなり具体的にお話をしてくれるので解りやすかったです。
大概ある一つの事例について詳しく扱われているんですが、それと同じタイプの過去の事例なんかも例示して頂けます。

図書館は利用者の秘密を守る / 日本図書館協会図書館の自由に関する調査委員会
↑「事例33選」と同じ系統のシリーズで、特に利用者のプライバシー問題を扱った本。
より資料が充実しています。
プライバシー保護問題を扱ったレポートを書くとかで資料が要るなら、「33選」がなくてもこれがあれば大丈夫だと思います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。