スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『斜め屋敷の犯罪』 島田 荘司 

ファンの方はご遠慮下さい。駄目出しです。


初トライした島田さん作品だったわけですが、ちょっとツッコミどころが多すぎました。つまり論理的穴ですが。
不確実な要素が多すぎる。メイントリックの難もありすぎる。無理じゃないですか? の世界じゃないです。無理だしこれだと犯人とてもヌケた人になっちゃいます。頭のよさそうな人物造詣をなさってたにも関わらず。
何故だか推理と犯人の話を聞くシーンの空気も軽すぎて、これはギャグ小説なんじゃないかと思ってマジで笑いました(オイ)うん素で。別にあざ笑ったんじゃなくホントにそのとき愉快を感じちゃったんですけど。でもここでそれはおかしいやろう;
これで『読者への挑戦』は言わんで欲しい。思わず自分でフォローしたくなるほどアンフェアと思われる点があるのに(っていうか作中に作者がツッコミに現れるのもどうよ)、書いちゃうなよー…そこは新本格作家としてのプライドじゃないんスか。他にも色々アンフェアでしたから。
ちょっと…ドンマイ?(笑)

因みに刑事が尾崎と大熊だったのはやっぱり尾崎と大隈にかけてるのかな(笑)深読みしすぎ?
探偵役御手洗と助手役石岡は、ミステリにはよくあるパターン過ぎて個性不足の感アリ。
榎木津に被っちゃってる気がしてあんまりいい印象にはならんかったです。榎木津(+関口君。石岡のスタンスが関口に凄く近い)に比べたらキャラ立ちも浅いです。
つかシャーロックの亜流的なキャラはそれこそシャーロックが流行ったあとからばかばかいました。
シャーロックでさえデュパンの亜流といわれちゃえばそれまでです。
今のミステリだってその流れだと私は思うわけですが、それでもメルカトルはメルカトル、京極堂(もしくは榎木津が近いか)なら京極堂、火村センセは火村センセ、とそれぞれ色が違うんですよやはし。
この「御手洗潔と石岡君」は、なんだかこういう新本格のシャーロック的な探偵さんを全部ごちゃって榎木津+関口エッセンスにちょっと偏ったような(どんなよ)「ありがち」という意味での没個性さがあったように思います。
うーんうーんでもこの作品は他と比べても大きくユニーク度の高い一作のようだから、他を読んだら評価も変わるかなぁ;

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。