スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『こわっぱのかみさま』 佐々木たづ 

絵本です。短編連作。
舞台が時代不明ながら「昔」の、神様を素朴に信じる人たちと神様との関わりが優しいです。
自然生活に溶け込んでいたアニミズムへの郷愁みたいなものを感じます。
しかもここで出てくる「かみさま」は子供なのです。
ダブル私を泣かせるキーワードが揃ってしまったせいか、何気ないシーンでほろりと来てしまって困りました。

こわっぱのかみさま こわっぱのかみさま
佐々木 たづ (1981/01)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。