スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『吾輩は猫である』 夏目漱石 

面白い…!わー!やっぱり夏目先生凄いや…!
もっそこかしこで言われてるんで今更ですが、やはり言葉のリズムのよさが心地よいです。
大体日露戦争前後の作品なので、時事ネタがわかるのも面白さを上乗せ。ホントに坂上を読むと明治が解りやすくていいなぁ。
しかも連載が子規没後の(;;)虚子率いる『ホトトギス』!トキメキキュン!
子規のことも一箇所だけネタになっていてとても嬉しかったです。忘れないでいてくれてありがとう。
虚子の性格はちゃんとつかめていないけれども、どんな気持ちで読んだのかな。
割とノリのいい後輩ってイメージはあります(何)
伊藤(博文)も確か一箇所ネタにされています。東郷さんなんか一回じゃないし。日本語の上手さだけでも充分満たされますが、ネタがわかればもちろん更に、です。

迷亭君が大好きです(笑)もうかわええやらかっこええやらセクシーやら愉快やらーvv迷亭君が出てくるたびに色めき立ちましたから(死)
多分私は心底夏目先生の描く『高等遊民』が好きなんでしょう。
ミステリアスで、おちゃらけていて、その底の読めなさがたまりません。
おそらく“迷亭”は「酩酊」から来ているのでしょうな。最初は二葉亭四迷の方かと思ったのですが違うらしいです。
続編があったら絶対読んだ。パスティーシュでさえ今読みたい(笑)
でも『吾輩は猫である殺人事件』は私には多分読めないのでした。メタミステリなんだもんなぁ…(笑)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。