スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『月光ゲーム Yの悲劇’88』 有栖川有栖 

最近の作品より捻って複線張ってる感じがしました。
読者への挑戦状だし!本当に本当に「本格ミステリ」で、とても好きです…!
読者が考え及びそうなネタはちゃきちゃき潰してくれて、複線もがっちり張られていて。しかもさり気ない。
よい長編ですが表現力はやはり現在の方が上かなと。やや解りにくい(想像しにくい)ところもあったです。
でも名作。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。