スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キツネ山の夏休み』 富安陽子 

大っっっっ好き!!だったこの本に再会だよ!
たぶん今まで活字の中でこれ以上繰り返し読んだ本も珍しいと思う。本当に好きだ~。今読んでも好きだ。
オキ丸&弥(ひさし)のコンビが凄くいい。手をつないだり首ねっこにつかまったり、そういう男の子じみたスキンシップが凄くいい。キツネっていうものに憧れる。晴明(&博雅v)にハマったのも、これがルーツだとすれば当然だったのかも。
子供時代を絵に描いたような、リアルで非現実的な夏休み。私もこんな夏が過ごしたい、と思った。
「もうひとつの夏送り」が大好きだ。
とても綺麗で、別れの暗示が寂しくもあって。
うわーん好き。この二人がまた次の年の夏も出会えていたらいいのにな。
永遠の少年とキツネでいて欲しい二人だよ。愛…!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。