スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スイス時計の謎』 有栖川有栖 

エラリー・クイーン色の強い1冊で、私としては本当に嬉しかったです。

<あるYの悲劇>
お得意言葉遊び。上手い。

<女彫刻家の首>

<シャイロックの密室>

<スイス時計の謎>
「ガラスの丸天井付き時計の冒険」(エラリー・クイーンの冒険)をモチーフにしているのかと思ったら、引き合いに出されたのが「ローマ帽子の謎」の方でやや意表をつかれた。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。