スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リトル・ターン』 ブルック・ニューマン 

小アジサシ?の話。鳥ですね。ツバサはあるのに飛べなくなった鳥。飛ぶためにしか体は作られていないのに。
前に話題になった絵本だから読んでみたけど、意味を汲み取るのが難しかった。
影にふと気付くシーンとか、含蓄はそこここにあるんですが。
言葉も普通だから子供向けの絵本ではなく、本当に大人のための寓話という感じ。
カニともっと仲良しなところを見ていたら、カニと別れるシーンは更に感動だっただろうけど、そういうのは狙っていないということなのかな?

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。