スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『暗い宿』 有栖川有栖 

平均的にクオリティの高い一冊。特に
「201号室の災厄」
「ホテル・ラフレシア」の二つが印象に残ってます。
どちらも最後の最後で綺麗などんでん返しが来ました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。